>
[Amazon] トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))
トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))で自分のブログにレビューを書く

トムは真夜中の庭で)

おすすめ!3.6 [3.6](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:10317位
  • Amazon価格:¥ 470
  • ユーズド価格:¥ 226
  • ISBN/ASIN:4001140411(岩波書店)
トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 3.6 [3.6]

018/トムは真夜中の庭で 以前、小川洋子さんもおすすめされていた本。ずっと気になっていた本をやっと読めました。 夏休みを目前にして、弟のピーターが”はしか”にかかってしまい、おばさんに預… このレビューの続きを見る

児童書の名作としてどこの図書館にもあるし、だいたいの本屋さんの棚にもおいてある本。 主人公のトムとおなじように、物語の中に「行って帰ってくる」感覚で、まさに読書の醍醐味が味わえる。 最後の最後に涙が滝のように出る、たしかこの本の帯にもそんなこと書いてあったけど・・・・ 時間を旅しているのはなにも物語の中だけじゃない。 だからこそ、その実感や共感で、涙が出るのよ。

JUGEMテーマ:読書 くもんのすいせん図書F-35

トムは真夜中の庭で

11:38:By moji*lib

少年トムが時間を超えて、ある少女と出会う話。 時計が13回鐘を鳴らす時、扉をひらくとそこはヴィクトリア朝の世界。そしてそこである一人の少女ハティと出会い・・・? トムにとっては一日おきに通っているはず… このレビューの続きを見る

せっかくの夏休みを、親戚の家で1人きりで過ごさなくてはならなくなった 少年トムと、両親に先立たれ、叔母達に疎まれながら暮す ヴィクトリア時代の少女ハティが、大広間の時計が13時を打つとき、 時間を飛び越… このレビューの続きを見る

トムは真夜中の庭で

20:59:By 溺書録

 夏休みに親戚の家に預けられたトムが、真夜中にだけ現れる不思議な庭で冒険する話。  庭もの(何そのジャンル)を読むといつも思うのが、自分は植物を知らないなあということ。梨木果歩なんかだと顕著だわ。あと… このレビューの続きを見る

 友だちもなく退屈しきっていたトムは、真夜中に古時計が13も時を打つのを聞き、昼間はなかったはずの庭園に誘いだされて、ヴィクトリア朝時代の不思議な少女と友だちになります。歴史と幻想が織りなす傑作ファン… このレビューの続きを見る

関連する商品