>
[Amazon] 床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)で自分のブログにレビューを書く

床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉

おすすめ!3.7 [3.7](20件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:93659位
  • Amazon価格:¥ 734
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4001140624(岩波書店)
床下の小人たち―小人の冒険シリーズ〈1〉 (岩波少年文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(20件) 3.7 [3.7]

メアリー・ノートン著「床下の小人たち」岩波少年文庫映画「借りぐらしのアリエッティ」の原作。私は映画を見ていない。映画の最後に「見られる」んだと思っていた。実はむしろ前半だった。後半で人間の家の床下を… このレビューの続きを見る

これまでたくさんの本を読んできた。読んでどうなるのかと思う時もあったけれど、なんとなく信じて読んできた。最近になって読んだ本のおかげでだれかと話ができるチャンスが生まれたり、自分が押し広げてきたワー… このレビューの続きを見る

  (イギリスで優秀な児童文学に贈られる世界的に有名なカーネギー賞受賞作)  ジブリアニメ「借りぐらしのアリエッティ」を観たときには手塚治虫の漫画とTVアニメ「ミクロイドS」(1973)を思い出した… このレビューの続きを見る

見た読んだ

18:38:By 曇+晴

アリエッティの名前はそのままだったのかーなんか不思議な気分でした。ボロワーズって妖精の本にだいたい出てくるから、ずっと民話とかを元にしたものだと思ってたんですが、作中で本人が妖精じゃないって言うしど… このレビューの続きを見る

メアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」を基に、古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。企画は『崖の上のポニョ』の宮崎駿が担当し、『千と千尋の神隠し』『ハウ… このレビューの続きを見る

床下の小人たち

03:58:By Drawing

面白かったです。時代がエドワード朝かヴィクトリア朝っぽい?ので、これのヴィジュアル化も見てみたいです。

JUGEMテーマ:読書 くもんのすいせん図書E-20

 普段  映画館は  窓がないので  息苦しいだの  空気が悪いだのと  ごたくを並べている家族から    なんと\(◎o◎)/!  この映画を観たいという声があり  映画鑑賞となりました\(^o^)/  … このレビューの続きを見る

   床下に「ちいさい人たち」がこっそりと暮らしていたら…。『The Borrowers』(邦題『床下の小人たち』)はそんなわくわくするような物語。1953年の出版以来数えきれないほどの読者を魅了し、カーネギ… このレビューの続きを見る

お父さんのポッド、お母さんのホミリー、娘のアリエッティーは3人暮らし。人間の家の床下に小さな家を作り、人間の生活品から少しずつ必要なものを”借りてきて”暮らしています。 ある日、インドからやってきた男の… このレビューの続きを見る

アウトドアブランド、AIGLEのメルマガを購読しているのですが、そこに見逃せないアイテムが!ジブリ最新作「借り暮らしのアリエッティ」でアリエッティが背負っているバッグが限定販売されるというではありませんか… このレビューの続きを見る

 イギリスの田舎の家の床下に住む、小人の一家。人間たちからこっそりと細々としたものを “借りて”、居心地よくくらしていましたが、ある日父親のポッドが人間の男の子にみられてしまいます。もうここではくらして… このレビューの続きを見る

 イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家.生活に必要なものはすべて,こっそり人間から借りて暮らしていましたが,ある日,小人の少女がその家の男の子 に見られてしまいます―.カーネギー賞を受賞した,イギリスファンタジーの傑作.「小人シリーズ」の第1作.JUGEMテーマ:読書

ジブリの映画の原作になるというので、 小人ファンだった私としては、居てもたってもいられず、 早速、図書館で探してもらい(最近は、岩波文庫を借りる子供も大人もいないのでしょう。 司書の方も、どこへしまった… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:芸能情報、テレビ・音楽ニュース 7月17日劇場公開のスタジオジブリ映画 「借りぐらしのアリエッティ」の声優陣が発表になり ましたねー。 主役のアリエッティ役に志田未来ちゃん、相手役の 男の子… このレビューの続きを見る

借りぐらし

10:19:By

 「床下の小人たち」読みました。 ジブリの新作の原作ということで「40年まえの…」とか言うので 図書館とか見てみましたけど見つからず ないと気になる…。 結局、本屋さんで「この夏公開!借りぐらしのア… このレビューの続きを見る

 おすすめの本を紹介しています。出版社/著者からの内容紹介イギリスの古風な家の床下に住む小人の一家。暮らしに必要なものはすべて、こっそり人間から借りていましたが、ある日、その家の男の子に姿を見られてしまいます―カーネギー賞を受賞した「小人シリーズ」の第1作。小学5・6年以上。

スタジオジブリの最新作「借りぐらしのアリエッティ」の公式サイトがオープンしています。2010年夏公開予定。今回、宮さんは企画で、監督は米林宏昌(麻呂)早速、公式サイトで読めるプロデューサー鈴木さんの「借… このレビューの続きを見る

読売新聞で紹介されていたので、 読んでみました。 1956年に発行されています。 古い本です。 子供の頃は読書をしなかったので、 この本を知りませんでした。 イギリスの話です。 田舎の古い家の床下に… このレビューの続きを見る

お父さんのポッド、お母さんのホミリー、そして娘のアリエッティのクロック一家は小人の3人家族。台所の床下に住み、人間から食べ物や生活用品を「借り暮らし」している。彼等にとって人間は「つまらない雑用をする… このレビューの続きを見る

関連する商品