>
[Amazon] あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))
あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))で自分のブログにレビューを書く

あのころはフリードリヒがいた)

おすすめ!4 [4](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:14343位
  • Amazon価格:¥ 756
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4001145200(岩波書店)
あのころはフリードリヒがいた (岩波少年文庫 (520))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 4 [4]

 JUGEMテーマ:読書くもんのすいせん図書G-20

 「あのころはフリードリヒがいた」ヒトラー政権下のドイツ,人々は徐々に反ユダヤの嵐にまきこまれていった,子どもたちさえも…その時代に生き,そして死んでいったユダヤ少年フリードリヒの悲劇の日々を克明… このレビューの続きを見る

 ヒトラー政権下のドイツ、同じアパートに暮らすドイツ人の子ども「ぼく」とユダヤ人少年フリードリヒの物語です。二人は仲良しになり、楽しく無邪気な子ども時代を過ごしますが、成長とともにドイツの情勢が変わ… このレビューの続きを見る

わしはあまりこの手の小説が好きではないので、いまだに『アンネの日記』も途中でおわっています。 とにかくこの時代を扱った小説は読みづらい。暗い。しんどい。 しかもそれがフィクションではなく事実であること… このレビューの続きを見る

関連する商品