DB Error: connect failedDB Error: connect failed 茶の本 - 岡倉 覚三 のレビュー全7件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 茶の本 (岩波文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

茶の本 (岩波文庫)
茶の本 (岩波文庫)で自分のブログにレビューを書く

茶の本

おすすめ!4.3 [4.3](7件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:17888位
  • Amazon価格:¥ 454
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4003311515(岩波書店)
茶の本 (岩波文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(7件) 4.3 [4.3]

茶の本

18:12:By メビウスの輪

日本の考え方を西洋人に教えるための本 自分は日本人だから普通だとおもっていることもあちゃらの人には目新しい初めて出会うものだったのだねえ いまでもそうなのかしら

前の記事でせっかくお茶の話題が出たので今日はこの本を紹介します。 ブック・オブ・ティー「茶の本」 岡倉天心先生が茶を通してこの国における芸術と人生哲学を説く本です。 例えば、茶室の床の間にハイビスカス… このレビューの続きを見る

こんにちわ。熱中症、怖いですね。気をつけてくださいね。適度に、汗をかかないといけません。それには、さらっと、涼しげにかける、当店のカレーで。さて、今、お茶が、おいしい。お茶。数々の茶器を探しまくり、… このレビューの続きを見る

4.3

茶の本

00:10:By ひとりごと

    本屋さんにお願いして取り寄せてもらった一冊。。 いつでも読めるように持って歩いていたのですが 時間に余裕がある、 ひとりの静かな時間に読むのがいい本です そして。。 出来れば本を読み終えたあ… このレビューの続きを見る

 岡倉天心がもともと英語で書いた本の日本語訳です。日本の美学をお茶を通じて西洋人にも紹介しようとしたものです。英語版の序文を授業で読んだことがあって、印象に残っていたので読んでみました。この人は… このレビューの続きを見る

 外国向けに茶道と禅(また道教)とについて論じた書の翻訳らしい。仏教的思考は基本的に論理としては破綻しているから、理解に苦しむ部分があった(たとえば、死を悲しみながらも、一方では、生と死は梵(ブラフ… このレビューの続きを見る

かなり今更の感もありますが、時間があるうちに読んでおこうと思い、 買ってみました。 英語で書かれ、NYで出版された「The Book of Tea」の翻訳。 茶道について書いてあると言うよりは、お茶を切り口の一つに… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品