>
[Amazon] 職業としての学問 (岩波文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

職業としての学問 (岩波文庫)
職業としての学問 (岩波文庫)で自分のブログにレビューを書く

職業としての学問

おすすめ!3.8 [3.8](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:17595位
  • Amazon価格:¥ 506
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4003420950(岩波書店)
職業としての学問 (岩波文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.8 [3.8]

職業としての学問 (岩波文庫)

 この本は、かつて僕が「なんで人はきつい思いをしてまで働かなければならないのか」と悩んだときに、知人からお勧めされたものです。著者は一般にはあまり知られていないかもしれませんが、文系の大学に在籍した… このレビューの続きを見る

  ウィキペディアを見ると社会学者だそうである。原文は難解だそうだけど、訳文も難解、けどいろいろ含蓄があるところがある。著者は大学の生徒競争を笑うし、素人のおもいつきが専門家と同等かそれ以上とい… このレビューの続きを見る

 薄いし楽勝と思っていたのだが神保町で買ったのを読んだのが良くなかった。。。  「事實」→「事実」  「語つてゐる」→「語っている」 ――以下省略――  後付けよく見たら昭和42(1967)年だったよ。。。 … このレビューの続きを見る

しばらくレビューを載せていなかったので、復活。 復帰1冊目というのは悩むもので、 なかなか決められずにいたのですが、 これが妥当な線ではないかと。 マックス・ウェーバーは、東独の「Max Weber」… このレビューの続きを見る

面白かった。現代人のわしらにとって、この本から得るものは新しい発見ではなく、そういえばそうだな・・という納得や共感だろう。ただ、こういうことを文章にしてまとめたものは少ない。 だから読んどくべきです… このレビューの続きを見る

関連する商品