>
[Amazon] 一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))で自分のブログにレビューを書く

一億三千万人のための小説教室)

おすすめ!3.4 [3.4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:23253位
  • Amazon価格:¥ 799
  • ユーズド価格:¥ 22
  • ISBN/ASIN:4004307864(岩波書店)
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.4 [3.4]

 一億三千万人のための小説教室  著者 : 高橋源一郎

高橋源一郎著 1 「小説教室」なんだからさして面白くない、 2 でも高橋源一郎だからちょっと面白い。 ・「少し長いまえがき」にある「小説家は、小説の書き方を、ひとりで見つけるしかない」。これが回答。 ・巻末の「小説家になるためのブックガイド」が面白いし、興味深いし、実際役立つ ・「小説家になるためのブックガイド」に耕治人が入っていて、さすが高橋源一郎、とずいぶん感心。 以上。

バイブル

20:59:By 宵街日記

 GW中に沢山の本を読みました。小説やら、エッセイやら、ビジネス書やら。しかしながら、一番読んで良かったと思ったのがこの本。10年くらい前に読んでから埃を被っていたものを、出かける前にひょいと鞄に入… このレビューの続きを見る

高橋源一郎については、以前『さようなら、ギャングたち』読んで「何だかよくわからない・・・」という印象しか持っていなかったのだけれど、2年くらい前に新聞に掲載された「ニッポン国憲法の秘密」(だったと思… このレビューの続きを見る

 評価は1200円。  HOW TO 小説 というよりは WHAT IS 小説を語っている本。新書と言うより、良質な小説を読んでいるような印象を受けた。  ただし、巻末についている、小説を書くために読んでおくべき小説リストは凄く独善的な気がする。勿論本人もこれがユニバーサルではないことは認識しているだろうが。

関連する商品