>
[Amazon] 愛しの座敷わらし

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

愛しの座敷わらし
愛しの座敷わらしで自分のブログにレビューを書く

愛しの座敷わらし

おすすめ!3.8 [3.8](31件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:522997位
  • Amazon価格:¥ 11,738
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4022504242(朝日新聞出版)
愛しの座敷わらしのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(31件) 3.8 [3.8]

(2012) 監督: 和泉聖治 原作: 荻原浩 音楽: 池頼広 出演: 水谷豊、安田成美、橋本愛、濱田龍臣 夏の田舎の風景がとてもきれいだなあ、と。ストーリー自体は家族の物語ですがあっさりと淡泊な感じで、心に引っ掛かりは感じない。監督は「相棒」の人ですよね。右京さんチーム制作って感じなのね。

 作家別マイベスト第4回目です。今回は…もうすぐ「愛しの座敷わらし」の映画が公開される荻原浩さんでいきたいと思います。で、昔の作品を色々振り返ってみたんですが…やっぱりなんか初期の頃の作品の方が面… このレビューの続きを見る

 2008年ももうすぐ終わるということで、今年読んだ本を振り返ってみたいと思います。 ちなみに、今年みた本は141冊らしいです。去年は104冊だったので、40冊近くも増えてますね。 で、今までレ… このレビューの続きを見る

3.8

くらのかみ

13:33:By The Samantha Times

あらすじ: 「四人ゲーム」。まっくらな部屋の四隅に四人の人間が立ち、肩を順番に叩きながら部屋をぐるぐる回るゲームだ。とうぜん四人では成立しないはずのゲームを始めたところ、忽然と五人目が出現した!でもみ… このレビューの続きを見る

 『座敷わらし』に反応して読みましたー東京に暮らしている家族がお父さんの転勤で田舎に引っ越しそのとき暮らした古い民家での話また短い期間で引っ越す事になるんですけどそこにまた遊びにきたいと座敷わら… このレビューの続きを見る

愛しの座敷わらし

20:45:By モノ

えかった〜 千年樹と同じ人とは思えんかった。 登場人物がいっぱいいて、それぞれに話す方法は一緒だけども。 転勤で田舎の古民家に越してきた家族の話。 家の中には、ざしきわらしがいて… っていう話。

JUGEMテーマ:読書  田舎暮らしを始めた家族の再生物語、with 座敷わらし。話の筋は最初から読めていて流れも予想通り、ラストもお約束のハッピーエンドですがそれを求めて読んだので、何の問題もなく… このレビューの続きを見る

3.8

愛しの座敷わらし

17:30:By 白い本棚

荻原浩の小説です。 心が温かくなるような本を探していた時に読みました。 ラストの文が「やっぱりね」という感じですごくよかったので、 読み終えて温かい余韻が残りました。 最後の方は涙が出て、 どっぷりと … このレビューの続きを見る

愛しの座敷わらし

15:40:By 受賞本

 愛しの座敷わらし  著者 : 荻原浩  受賞歴 : 第139回直木賞 ノミネート

 最近好きな荻原浩さんの作品☆ 朝日新聞に掲載されていた。 転勤で東京から地方の古い民家へ引っ越すことに 家族は大反対! 一緒に暮らしているのに家族の心は それぞれ遠くバラバラだった。 何かを我慢すれ… このレビューの続きを見る

 ☆☆☆☆田舎に引っ越してきた家族の再生のお話。座敷わらしは特に何をするでなくただ居るだけなのですが、存在するということでバラバラだった家族の心が纏まっていきます。ところが、せっかく田舎暮らしも快適… このレビューの続きを見る

毎日接待で遅くなる晃一に専業主婦の史子、 友達と上手くいっていない梓美に弟の智也、 そして晃一の母の澄代の5人暮らしの一家が 引っ越してきたのは広いけれどぼろい日本家屋。 変な音が聞こえたり着物の子… このレビューの続きを見る

3.8

愛しの座敷わらし

11:35:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書

いわゆる家族再生物。ほのぼのとして良い話でした。登場人物が総じて良い人なところとか、多少温めな雰囲気は否めませんが、ちょうど心が弱っていたところだったので、かなり和みました。予想通りのラストでしたが、この終わり方以外じゃ絶対いけません。

びびこさんちで紹介されていて、興味を引かれて借りた本。 面白かった! 最後の1文がとっても良い♪ ……ので、これから読んでみようかという方は、チラ見でラストページを開いてはいけません(笑) とは言え実を言… このレビューの続きを見る

内容紹介 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新… このレビューの続きを見る

なんともほのぼのとした話。 都会暮らしの五人家族が引っ越してきた田舎の古い木造家。その家には座敷わらしが住んでいた。 なんとなく、設定を聞いただけで内容が判ってしまうし、実際その通りの展開が待ち受けて… このレビューの続きを見る

3.8

愛しの座敷わらし

19:58:By m0gu's memo

JUGEMテーマ:読書 

荻原作品は、ずっと読みたいと思っていたのですが、なかなかタイミングが合わなかったりで読みそびれ続けて、この本が初読みとなりました。この間の直木賞にもノミネートされていましたね。 荻原作品は、シリア… このレビューの続きを見る

内容紹介 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新聞好評連載、待望の単行本化! ほんわかとしてステキなお話でした。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜

生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。 荻原さんの本… このレビューの続きを見る

生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。 荻原さんの本… このレビューの続きを見る

3.8

愛しの座敷わらし

16:37:By OT18-33

内容紹介 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新聞好評連載、待望の単行本化!

たまたま学校で見つけたので借りてみた。 この作家さんの本は初めてです。

父・晃一の転勤により、田舎に引っ越すことになってしまった母・史子、 長女で中学生の梓美、長男で小学生の智也、そして、祖母の澄代の5人。 はじめは、勝手に古民家を買ってしまって、田舎暮らしを強制させら… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/6/9〜2008/6/12 [朝日新聞出版HPより] 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語。朝日新聞好評連載、待望の単行本化!

父親の転勤で、家族は田舎の古い一軒家に引っ越す事になった。 家族とうまくコミュニケーションがとれない父、 田舎の人付き合いに困惑する母、 都会の友達とのいざこざで傷ついたままの姉、 サッカー好きの弟… このレビューの続きを見る

3.8

愛しの座敷わらし

13:12:By SHIKI NOTE

新しく引っ越した先の 古い家には 座敷わらしが住んでいた。その座敷わらしを中心に  バラバラだった家族が 再生する。___ まあ 結論は そういうお話なんだけれど  でてくる座敷わらしが とって… このレビューの続きを見る

3.8

愛しの座敷わらし

23:59:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 生まれてすぐに家族になるわけじゃない。一緒にいるから、家族になるのだ。東京から田舎に引っ越した一家が、座敷わらしとの出会いを機に家族の絆を取り戻してゆく、ささやかな希望と再生の物語… このレビューの続きを見る

愛しの座敷わらし

23:49:By 溺書録

 座敷わらしって言うと「押入れのちよ」を思い出すけど、あれとはちょっと違う感じかな。かわいい座敷わらしと、荻原作品のレギュラーって感じの一家が主役の、いかにも荻原ーな小説だった。座敷わらしだけじゃな… このレビューの続きを見る

関連する商品