>
[Amazon] シフォン・リボン・シフォン

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

シフォン・リボン・シフォン
シフォン・リボン・シフォンで自分のブログにレビューを書く

シフォン・リボン・シフォン

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:582814位
  • Amazon価格:¥ 1,512
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4022509791(朝日新聞出版)
シフォン・リボン・シフォンのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をなぜかほどいていく。地方都市に生きる人々の屈託と希望をえがく… このレビューの続きを見る

さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をなぜかほどいていく。地方都市に生きる人々の屈託と希望をえがく… このレビューの続きを見る

これは割と好きな感じの一冊。 近藤さんらしい、ちょっとした感情のざらつきとかもあって、 でもなんだかふわりとした心地よさもあって。 地方の商店街にできた新しいお店はランジェリーショップ。 都会なら… このレビューの続きを見る

 さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をなぜかほどいていく。地方都市に生きる人々の屈託と希望を… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  東京でランジェリーショップ「シフォン・リボン・シフォン」を成功させた水橋かなえは、母の介護のため、活気をうしないつつある地方都市に戻ってきた。 まだ30代の彼女は、この街でも店を開く。機能的な下着から自由でチャーミングなものまで、いろいろ勢ぞろい。さびれた商店街にできたこのちょっと気になるお店に、やがて人々は引き寄せられる。

JUGEMテーマ:読書 さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をなぜかほどいていく。地方都市に生きる人々の屈託と希望をえがく、摩訶不思議小説集。

関連する商品