>
[Amazon] 神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))
神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))で自分のブログにレビューを書く

神の守り人<来訪編>)

おすすめ!3.9 [3.9](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:218175位
  • Amazon価格:¥ 1,620
  • ユーズド価格:¥ 150
  • ISBN/ASIN:403540280X(偕成社)
神の守り人<来訪編> (偕成社ワンダーランド(28))のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.9 [3.9]

やっと読めたーこのシリーズの新しいもの(とはいっても年数にしたら新しくはないですが)をやっと読めましたこの本が出てることは知ってたのですが、読む時間がなかったあまり長くなく、文字も小さくはないのでさ… このレビューの続きを見る

 守り人シリーズ今回は続いてる。バルサ側の話。やっぱりバルサ側の話が好きだなー・・・この人の潔い決断力が素晴らしい!そして羨ましい!

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆(3.5/5) あらすじ タンダとともに草市を訪れたバルサは、人買いに連れられた兄妹チキサとアスラに出会う。 アスラは美しい少女であったが、全身に<災い>の気配を漂わせていた。… このレビューの続きを見る

守り人シリーズ第5巻、ついに来た!という感じの上下巻。 こっち↑が上巻。こっち↓は下巻。 ■神の守り人■ どんどん話は深く大きくなってきました♪ バルサは相変わらずバルサで、強くて優しくてかっこいい!! そして、この話に出てくる子供は、みんな良い子なんだよね〜。 文字が大きいとはいえ2巻続きなのに、まったく長さを感じない面白さは本当に素晴らしい。

面白い〜。 下巻(帰還編)も楽しみだなぁ。

3.9

神の守り人

18:22:By moji*lib

守り人シリーズもようやく折り返し地点まできたかな、という感じです。 一月入って結局二冊しか読めませんでした〜 あの女用心棒バルサが帰ってきた。助けてしまった謎の美少女アスラは神の子か、それとも災いの… このレビューの続きを見る

バルサがアスラ達兄妹を助けに行った理由が、自分と境遇が重なるから、と言うのがちょっとなーと思います。 プロとして用心棒をしている人間がそれはどうなのと。 あとこういう稼業をしているからこそ、今ここで… このレビューの続きを見る

それぞれの立場 <来訪編><帰還編>は、いわゆる前編後編となっています 女用心棒バルサが、思わず助けてしまった少女アスラは、ロタ王国建国にまつわる恐ろしき神タルハマヤ来訪にかかわっていた。 バルサは… このレビューの続きを見る

本編…というか、バルサsideというかんじのストーリー。チャグムは出てきません。 国も新しい国の登場で、毎回ながらよく国のつくりまで考えるよなあ…。 ロタ王国の王様と弟殿下の関係はなかなかよいです^^たま… このレビューの続きを見る

神の守り人 来訪編(上橋 菜穂子 )守人シリーズ いきなり序章が「シンタダンの虐殺」ではじめ見たときかなり怖くて「これを読むのは失敗かも・・」と思ってしまった。(なんせものすごく怖がりなので)。 あ… このレビューの続きを見る

<帰還編>と共に図書館にて。 人々の思惑。 快楽と罪の意識。 ぎりぎりの緊張感と集団心理。

関連する商品