>
[Amazon] 八つ墓村 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

八つ墓村 (角川文庫)
八つ墓村 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

八つ墓村

おすすめ!3.3 [3.3](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:24290位
  • Amazon価格:¥ 821
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4041304016(角川書店(角川グループパブリッシング))
八つ墓村 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.3 [3.3]

謎解きあり、ダンジョンあり。もはやRPG。ノートを引っ張りだして立ち向かった最初の小説。

金田一耕助という探偵の小説シリーズは有名ですが、私は今回初めてそのシリーズの小説を読みました。 なぜかと言うと私の好きな陰陽座というバンドが金田一耕助シリーズの「犬神家の一族」を題材としたゲームの主題… このレビューの続きを見る

八つ墓村

22:46:By たちばな

読みおわった

八つ墓村

00:56:By memo

期待しすぎていたのか、あんまりおもしろくなかったです。 久弥と辰弥は脳内変換でいながきめんばー金田一耕助の久弥と辰弥にしておきました。 でもおもしろくはなかったです。流し読み多々発生。 (080318〜080320)

※画像は原作「八つ墓村」にリンクしています。 フジテレビ・2004年・金曜エンタテイメント 【あらすじ】 大正時代、村の旧家「田治見家」の当主・要蔵が発狂し、村人32人を惨殺するという事件が起こってしま… このレビューの続きを見る

戦国の頃、三千両の黄金を携えた若武者が、七人の近習を従えてこの村に落ちのびた。だが、欲に目の眩んだ村人たちは八人を襲撃、若武者は「七生までこの村を祟ってみせる」と叫び続けながら、七人とともに惨殺され… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品