DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 殺人の門 - 東野 圭吾 のレビュー全18件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 殺人の門 (角川文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

殺人の門 (角川文庫)
殺人の門 (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

殺人の門

3.2 [3.2](18件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:126887位
  • Amazon価格:¥ 907
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043718047(KADOKAWA)
殺人の門 (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(18件) 3.2 [3.2]

 少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの 家の中で、彼等自身の手によって明かされなければ… このレビューの続きを見る

3.2

殺人の門

22:57:By DoWhat10!

 こんなに、登場人物のほとんどが  ヤな奴って話もどーなんだ。  読み応えはあったけど  さっさと、読み終えてしまいたかった。

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことが… このレビューの続きを見る

3.2

東野圭吾『殺人の門』

22:32:By

なかなか殺さないんでいらいらした。殺人者は常に脇役で、主役は被害者。被害者である男の哲学は、捨石として人を利用すること。「一体彼に何を教えたんです」「私が彼に教えたことは単純です。成功するには捨石が… このレビューの続きを見る

 かなり前に東野圭吾さんの『宿命』を読んだんですが、その時にはあまり合わない作家さんだなと思った記憶がありまして、ずっと東野さんの作品は避けてきました。そうこうしているうちに直木賞は取るは、作品がぞ… このレビューの続きを見る

3.2

殺人の門

23:21:By くねくね式

何度も自分を騙し不幸に陥れる男に殺意を抱く主人公が、 最終的に「殺人の門」を開けてその男を殺すのか否か・・・てな、お話です。 もうね、騙されに騙されてますよ。なんども。 オイオイ、またかい!っていうくら… このレビューの続きを見る

3.2

殺人の門/東野圭吾

00:45:By

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことが… このレビューの続きを見る

さすがは、東野圭吾。 読ませます。 主人公に対して、アホちゃうかと、 むっちゃくちゃイライラさせられても次の展開が気になってしかたがない。 しかし、たぶんこの主人公の田島は、私のことだ。 私を含む一般庶… このレビューの続きを見る

東野圭吾「殺人の門」.残念,不発. 殺人という行為をテーマにした一大叙事詩.カバーの叙事詩という言葉に「白夜行」のような響きを感じてしまい,買ってしまって後悔. ある男の転落・復活また転落を一人… このレビューの続きを見る

転がされるってのもここまでくると… 何の苦労もせずに済むはずなのに、境遇ががらりと変化してしまう様を淡々と語られていく辺りに背筋をぞくりとさせてしまいます。 倉持の様に明らかに自分に対して罠を仕掛… このレビューの続きを見る

3.2

殺人の門

15:50:By パン屋再襲撃

歯医者の一人息子である主人公はそれなりに裕福な暮らしをしていたが 祖母の死を切っ掛けに町内であらぬ噂がたてられ、 両親は不仲になりそして離婚。 父親側につくが、女に走った父によって離散し親戚からも見… このレビューの続きを見る

すごく暗かった…そしてイライラしました。 こんなに気持ちが沈む話は久し振り。 なのに、読んでると先が気になって気になって 気づくと400ページもある分厚い本、1日中抱えて読んで 夕方には読み終えてました。… このレビューの続きを見る

呪いは実在する、というお話。 殺したい殺したいと思い続け、一度は毒を盛る絶好のチャンスを手に入れながらも結局は思い直したりだとか、綿密な計画を練っていたはずが結局×××××になったり、女に溺れる父親を軽… このレビューの続きを見る

『サツジンの門』感想。amazonの方は検索避けでtitle消してます。ってかこれで普通にamazon検索すると危ない本がhitするのでねぇ。別にそういう本ではないですけど。ただ人間の哲学みたいなとこだと思いますけど。 … このレビューの続きを見る

ん〜やっぱり何度も言うようだけど、東野作品いい! すごくどきどき感があって、最後の最後まで何があるかわからない感じ。 おもしろい〜 人に影響されることって、多々あると思うけれど、 こんな風に周りの… このレビューの続きを見る

珍しくここ札幌でも残暑が続いています。 でも知っています。もうすぐ秋がきて、それからまたすぐに冬になることを。 ・・・ということで、読書の秋ですので、早速何か読むことに。 私の興味はミステリーにしか… このレビューの続きを見る

読書期間:2007/5/18〜2007/5/20 「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされていた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいて… このレビューの続きを見る

ある町の歯医者の息子であり、そこそこのお金持ちの家に育った主人公。 ところが、祖母の死をきっかけに、主人公には次々と不幸が訪れる。 ひとつの不幸を乗り越えたと思えば、次の不幸が訪れ、 それも乗り越え… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品