DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 白いへび眠る島 - 三浦 しをん のレビュー全12件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 白いへび眠る島

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

白いへび眠る島
白いへび眠る島で自分のブログにレビューを書く

白いへび眠る島

おすすめ!3.4 [3.4](12件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:138618位
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043736037(角川書店)
白いへび眠る島のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(12件) 3.4 [3.4]

3.4

白いへび眠る島

17:21:By Wisteria note

舞台は小さな島で、持念兄弟などという義兄弟の契りめいたものがあるからホモかと思ったら違った! ファンタジーだった。 わたしは八百万の神の否定しない派なので、こういう話は夢があって好きです。 昔の人… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  まず一番最初に思ったのは「文章がきれい」、そしてそんな「きれいな文」によって紡がれる「自然豊かなきれいな島」と「伝承の中に潜む暗い影」の対比の見事さ。「まほろ駅前多田便利軒… このレビューの続きを見る

高校最後の夏、悟史が久しぶりに帰省したのは、今も因習が残る拝島だった。十三年ぶりの大祭をひかえ高揚する空気の中、悟史は大人たちの噂を耳にする。言うのもはばかられる怪物『あれ』が出た、と。不思議な胸の… このレビューの続きを見る

【粗筋】高校最後の夏、悟史が久しぶりに帰省したのは、今も因習が残る拝島だった。十三年ぶりの大祭をひかえ高揚する空気の中、悟史は大人たちの噂を耳にする。言うのもはばかられる怪物『あれ』が出た、と。不思… このレビューの続きを見る

白いへび眠る島

23:22:By 桜 華 蘭 々

読み終わった本のレビューです☆ 高校最後の夏、悟史が久しぶりに帰省したのは、今も因習が残る拝島だった。 十三年ぶりの大祭をひかえ高揚する空気の中、悟史は大人たちの噂を耳にする。 言うのもはばかられ… このレビューの続きを見る

8日に出かけたときに買って、さっき読み終わりました。 また、ちょいと長いですよ。

『格闘するものに○』を読んで以降ファンになりました。 三浦しをんさんの作品は、作品ごとになんかその作風が違っていて面白いです。 すごい。

18歳の夏。高校最後の夏休み。 青い空をずっとクーラーの利いた部屋から眺めていた。試験勉強をしていた訳ではない。外へ出るのが億劫だった。外に出ていれば、自分について考え直す何かとの出会いがあっただろう… このレビューの続きを見る

白いへび眠る島

23:11:By One Or Eight

三浦しをん氏の軽トラシリーズ第三作目。 (ちなみに一作目は「格闘する者に○」で二作目は「月魚」どちらも大変素晴らしき小説。) 寂れた小島が舞台です。夏のお祭りとそれに纏わる怪異の話。 これは夏に読み… このレビューの続きを見る

3.4

白いへび眠る島

23:52:By えび天

三浦しおんの長編小説です。 最初紹介した『私が語り始めた彼は』で痺れて、 次に読んだ『しおんのしをり』で大爆笑したんですが、今回はミステリーです。 書籍紹介 高校最後の夏、悟史が久しぶりに帰省した… このレビューの続きを見る

高校生の悟史が夏休みに帰省した拝島は、今も古い因習が残る。十三年ぶりの大祭でにぎわう島である噂が起こる。【あれ】が出たと…。悟史は幼なじみの光市と噂の真相を探るが、やがて意外な展開に! こういう閉鎖… このレビューの続きを見る

夏休み、悟史は拝島に帰ってくる。 古い言い伝えやしきたりを皆が信じ、それを守っている島。 ふるさとなのに、どことなく居心地の悪さを感じる自分を隠そうとする悟史。 言葉にしてはいけない『あれ』の存在、 … このレビューの続きを見る

関連する商品