>
[Amazon] いつかパラソルの下で (角川文庫 も 16-5)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

いつかパラソルの下で (角川文庫 も 16-5)
いつかパラソルの下で (角川文庫 も 16-5)で自分のブログにレビューを書く

いつかパラソルの下で

おすすめ!3.3 [3.3](26件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:45520位
  • Amazon価格:¥ 555
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043791054(角川グループパブリッシング)
いつかパラソルの下で (角川文庫 も 16-5)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(26件) 3.3 [3.3]

≪目次≫ いつかパラソルの下で 解説 石川忠司

JUGEMテーマ:小説全般JUGEMテーマ:読書  真面目で、頑固で、とても厳しかった父。 そんな父の死後、「彼の死は私に原因がある」という1人の女性が現れる。 思いもよらない父の「裏の顔」を知り、父は本当… このレビューの続きを見る

   厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出していた柏原野々。 事故で父が亡くなり、四十九日の法要を迎えようとしていたころ、生前の父と関係があったという女性から連絡が入り…。 森絵都さんが大人の世界を描く初めての作品てことでずっと気になっててやっと読んだ〜。 ちょっと泣きそうになった。 (5日読了)

 DIVE!!とはまた全然毛色の違う話で驚きました。 でも読みやすくておもしろかったです。 謎から話が大きくなって行くのが普通ですが、色々膨らませておいて、でも大したことはなかったっていうのが、何からしいなと。

今回の作品も良かったです! ただ内容が大人向けなので読む人を選ぶかな・・ 森絵都さんの良いところは どの作品の中にも、生きていく面で大切なこととか、現代の悩みやトラウマとか そういう表には出さない部… このレビューの続きを見る

けっこう前に買ったきり積んでました。 薄い本を読みたくなり発掘。 思っていたのと全然違う話でした。 25歳にもなって定職にもつかず彼氏とふわふわ楽しく過ごすことしか頭になく、 それを「堅物の父親に厳しく… このレビューの続きを見る

はい、出ました。鬱々とした空気の漂う家族ネタ。 森さんは児童文学作家で、彼女の作品は中学時代の国語の先生が勧めてくれた『カラフル』が印象深い。 全ての物事に厳格だった父の死後、明るみに出てきた父の浮気… このレビューの続きを見る

 いつかパラソルの下で  著者 : 森絵都  受賞歴 : 第133回直木賞 ノミネート

《あらすじ》 柏原野々は天然石を売る店で働く25歳の独身女性。 厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出していた。 その父も亡くなり、四十九日の法要を迎えようとしていた頃、 生前の父と関係があった… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 森絵都作品のなかでは、個人的にあまり好きではありませんでした。 私個人としては、森絵都はYA作家を代表する一人であり、ここまでのあからまさまな性的表現は森絵都のイメージとしてあ… このレビューの続きを見る

「誰の娘であろうと、どんな血を引こうと、 れようが塗れまいがイカが好きでも嫌いでも、 人は等しく孤独で、人生は泥沼だ」 この人の書かれたカラフル!という児童書が 小5の私は呆れるほど好きで好きでたま… このレビューの続きを見る

超堅物の父が死んだ。その父が実は・・・  ってよくあるストーリーかと思ったら、ちょっと違った。 思わぬストーリーで艶めかしかった。

超堅物の父が死んだ。その父が実は・・・  ってよくあるストーリーかと思ったら、ちょっと違った。 思わぬストーリーで艶めかしかった。

(2005/05/05) 前作『永遠の出口』から約2年の沈黙を経て森絵都さんが何と前作以上に“心に残る一冊”をもたらせてくれた。 『永遠の戸口』はジャンル的には青春小説だと言えそうだが、本作は少し恋愛面が加味… このレビューの続きを見る

誰でもあると思うけれど、 私にもいくつかコンプレックスってのがあって、 どれもまぁ、取るに足らないものではあるけれども、 あぁ、そう、漠然と、親のせいにしてきたよな、と思った。 子育ては洗脳である、と … このレビューの続きを見る

 チュモンの人間愛が美しいーしびれました!テソは相変わらずおかしい・

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2008/12/13〜2008/12/15 [文庫裏表紙より] 柏原野々は天然石を売る店で働く25歳の独身女性。厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出していた。その父も亡くなり、… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書の楽しみ  今年に出た本か・・・ んーそれを古本屋で見つけたんはラッキーだ。 父親が見守ってくれてるように感じられるお話でしたね。 いつも森絵都さんの本に出てくる人物は カワイイ名前ばっかりだ・・・^^

JUGEMテーマ:読書 この作家さんが、始めて児童文学から離れて、直木賞候補になった作品。 (中身も読まずに娘が中学2年の頃に読ませてしまった!! 今、改めて読み直すと中学生乙女には 相当 まずい描写が… このレビューの続きを見る

厳しい父親に育てられた反動か、 ふらふらとした生き方をしている野々。 だけど潔癖なほど厳しかった父が死んだあと、 厄介な問題を残してくれたことに気がついて…。 野々と同じようにふらふらしている兄と … このレビューの続きを見る

主人公柏原野々は25歳独身女性。厳格な父に嫌気がさし、 成人すると同時に家を飛び出したのだが、最近、交通事故で父を失ってしまう。 そんな中、父が亡くなった原因は私にあると名乗り出た謎の女性が現れる…。… このレビューの続きを見る

会社で一人ごはんを食べる時とか、ちょっとずつちょっとずつ読んでたら読了まで一月以上かかりました……が、間を空けて読んでもちゃんと前の内容を覚えていられる作品でした。 私はあまり現代小説というか、魔法も… このレビューの続きを見る

本当の親離れ 異常なまでに厳格な父に嫌気がさし、20才で飛び出した主人公柏原野々と兄。その父がなくなった後に発覚した不倫騒動。その真相を探るべく父の過去をたどり始めます。 野々は25才でありながら、仕… このレビューの続きを見る

いつかパラソルの下で

01:25:By

別れたんだなあってことが実感できているような、出来ていないような。時間たったら彼はまた自分のところに戻ってきそうな気もするし、すっぱりと縁が切れてしまいそうな気もする。未練がましくいるのがすごく悔し… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:オススメの本 森 絵都さんの本は、DIVEなどを読んで好きでした。 大人たちの世界を始めて描いた。ということで、期待して読んでみました。 掴めるような気がした生きるということの尻尾を… このレビューの続きを見る

関連する商品