>
[Amazon] ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ちょんまげ、ちょうだい  ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)
ちょんまげ、ちょうだい  ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)で自分のブログにレビューを書く

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り

2.8 [2.8](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:806347位
  • Amazon価格:¥ 555
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4043944780(角川書店(角川グループパブリッシング))
ちょんまげ、ちょうだい  ぽんぽこ もののけ江戸語り (角川文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 2.8 [2.8]

    JUGEMテーマ:読書感想文       ぽんぽこもののけ江戸語りシリーズ        徳川家康が天下取りをしていたころ、家康の影武者である… このレビューの続きを見る

2.8

妖怪変化

17:03:By 透明な 一 行 目

《ちょまげちょうだい》1人の浪人と若い娘彼らは、貧乏で仕事もなく日々を何とかやりくりして行きているもし、正体がバレたらまぁそれでも、変わらず貧乏人でその日暮らしなんだろうな

内容(「BOOK」データベースより) 時は江戸。下町神田では、腹を空かせた美貌の剣士と、可愛らしい町娘姿の狸の妖かしが、口入れ屋を訪ねていた。2人の名は小次郎とぽんぽこ。生活の糧を得るため、妙な仕事を請け… このレビューの続きを見る

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り 著/高橋由太 P260   ≪40文字×16行≫ 自己評価:★★★★☆ 【あらすじ】  時は江戸。下町神田では、腹を空かせた美貌の剣士と、可愛らしい町娘姿の狸の妖あ… このレビューの続きを見る

  最後たぬきに化かされたような気持ちになった。