>
[Amazon] ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)で自分のブログにレビューを書く

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと巡るさだめ~

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:29176位
  • Amazon価格:¥ 616
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048691899(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

ビブリア6巻目。 今までで一番おもしろかった! ミステリ要素がシリーズの中で一番だからかな。 最初の頃の大輔の祖母に関する話にも繋がってるのも興味深かった。 毎回思うのだけど、古書ってそんなに魅力… このレビューの続きを見る

 5巻までは面白かったので6巻も手に取ったのだが、文学と呼べる作品には縁がなく、太宰の作品も読んだことが無い私にとっては、相性の良くない作品だった。終盤、五浦君が犯人に追いつめられるシーンまでは、既… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 先だって病院で、あたしが体験したお話をひとつ。 あたしが入院した病室には他に、二人の女性が入っていましてね、一人は、艶やかな長ーーい黒髪の、二十代半ばかと思われる眼鏡の巨乳美人。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文     ◆  ビブリア古書堂の事件簿シリーズ    最初の頃は、ホームレスの人など一風変わった人たちが    登場しましたが、最近の『ビブリ… このレビューの続きを見る

3.5

電子版にて

16:10:By ALICE555♪

JUGEMテーマ:読書 と言うことで、(5)をさらった後は、さっさと(6)へ。でないとまた、忘れちゃう。

●本日の読書 ・「ビブリア古書堂の事件手帖6 〜栞子さんと巡るさだめ〜」三上延/メディアワークス文庫  今回は一冊丸ごと太宰です。一巻で大学卒業後定職に就いていなかった五浦君がビブリア古書堂で働き始… このレビューの続きを見る

【感想】 古本屋さんの美人店長が古書に関する難事件を解決するシリーズの6作目ですね。 個々の作品に纏わる謎は、なんか興味津々で面白いんですが… 全体的な流れとしては、進んでるような進んでな… このレビューの続きを見る

新年早々、図書館で本を3冊借りてきましたー! ビブリア古書堂の事件手帖 6〜栞子さんと巡るさだめ〜 / 三上延 ハケンアニメ! , 本日は大安なり / 辻村深月 ※ネタバレ有り 「ビブリア古書堂の… このレビューの続きを見る

第一巻で扱われた太宰治の『晩年』にまつわる話の掘り下げと、半世紀くらい前のドロドロした人間関係を垣間見せられる話でした。 ミステリ部分よりも、後藤大輔や栞子さんやその周辺にスポットが当たる話であり、… このレビューの続きを見る