>
[Amazon] いつかパラソルの下で

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

いつかパラソルの下で
いつかパラソルの下でで自分のブログにレビューを書く

いつかパラソルの下で

おすすめ!3.3 [3.3](17件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1230544位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048735896(角川書店)
いつかパラソルの下でのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(17件) 3.3 [3.3]

JUGEMテーマ:読書 3人の子どもたちに対して厳格な教育を施した父が、交通事故で亡くなり、四十九日の法要を迎えようとするころ、父の会社の部下で、生前、関係を迫られたという女性があらわれる。―― そのできご… このレビューの続きを見る

森絵都という作家を誤解していたと感じる作品でした。 5、6作しか読んでいないけれど児童書寄りの作品を書かれる方だと思っていた。 なのでこの作品は新鮮でした。 淡々とした日常系をつまらなくなく(面白く… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書

いつかパラソルの下で

20:04:By モノ

この写真の風景は、日本海がわなのかな…? 日本海を知らないから、分からない。 父・大海の不倫を死後に知ることになった野々と春日・花。 厳しい父しかしらない三兄弟は、その謎を知るために、 父の影響を受… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 厳格な父に反発し、20歳で家を飛び出した野々。 現在フリーター。 恋人の家に居候中。 縛られない自由な生き方を満喫していた。 そんな中、父が急死。 野々の元にも、一周忌の連… このレビューの続きを見る

(※本文は後日編集します)

フワフワしている感覚で生きている私 それは成人まで縛られてきた父親からの解放のため? 例えフワフワしてても 突然お気に入りのショップでのお仕事リストラされちゃったり 一緒にそばにいたいヒトに 別れを告げられたら 悲しいよ ヒトって何種類もいるけど 大切なもの抱えてるのは 誰にでも共通のことなんじゃないかな

ジュブナイルのほうがいい。。。

意外にも早く読み終えちゃった。 だけど、まだ集中力があまりないのか、途中何度も読み返した。 登場人物がわからなくなるから(汗) 父親の死をきっかけに、3兄妹がそれぞれの人生観やコンプレックス、 そし… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:気になる書籍 父親の死をきっかけにバラバラだった家族がお互いを理解するようになっていく。 さわやかな内容なのかと思ったら意外と重いテーマでした。 親子の問題って昔も今もむずかしいものがあると思う。 誰にでも親に対してのトラウマってありますよね。それをどう克服していくか、そうして人間として成長していくんだなぁと思える作品です。

妹に頼んで市の図書館で借りてきてもらい、昨日一日で読み終えました。この本は父の一周忌をきっかけに三人の兄妹が集まり、生前、異常なまでに厳格だった父の謎やルーツを探っていくお話。これは読んでる途中に「… このレビューの続きを見る

裏切られた気がした。 でも本当は、私が先に父を裏切ったのだ。 病的なまでに潔癖で、傍迷惑なほど厳格だった父。 四十九日の法要が近づいたころ、 私は父の生前の秘密を知ってしまう。 生徒が貸してく… このレビューの続きを見る

初めての作家さん。 なんとなく、読んでみたくて、図書館にはこれしかなかったので(見つけられなかった…)、借りて読んでみました。 風景の描写が目に浮かぶくらいキレイな表現で、スラスラっと読めちゃう感じ。 他の作品も読みたいなぁ…

出版社 / 著者からの内容紹介 待ちに待った、森絵都が描く大人の世界 柏原野々は雑貨店で働く28歳の独身女性。厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出した。そんな父も死に49日の法要を迎えようとして… このレビューの続きを見る

厳格な父が死んで一年。父の裏切りを知った兄妹。父への複雑な感情を整理するため、彼の原点の地へと。 さほど感傷的には読まなかった。 逆に、やっぱ森さんのユーモアの力ってすごいなあと感動しました。 イ… このレビューの続きを見る

きっと爽やか〜な作品を書くんだろうなぁ、 と、勝手にイメージしていた作家さん、森絵都さん。 しかし、 意外と現実的というか、イマドキな感じの作品。 でも、 性的なことや家庭環境に(実は)悩んだり縛… このレビューの続きを見る