>
[Amazon] スノーフレーク

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

スノーフレーク
スノーフレークで自分のブログにレビューを書く

スノーフレーク

3.1 [3.1](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1700410位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048739271(角川グループパブリッシング)
スノーフレークのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.1 [3.1]

3.1

スノーフレーク

19:10:By u_simple

基本的には好きな作家さんですが、今回は少し微妙。 というか、読んでいて首を傾げる箇所がいくつか。 廃工場のコミュニティとか、「彼」が実は〜の真相とか。 事件の真相に関してもアレなのですが、「知ってて言わなかった」人たちにもどことなく違和感。 そして主人公のふらふら加減にもちょっと。 一人称の小説なので、だからできる仕掛け…ということもあるのかもしれませんが、うーん。 個人的には残念。

大学進学を控えた真乃の目の前に現れたのは小さな頃一家心中で亡くなった幼なじみの速人にそっくりな従兄の勇麻だった。自分や父親の元に速人からとしか思えないような物が送られてくると訴える勇麻と共に速人の死… このレビューの続きを見る

感想を書いている暇がないので、読んだ本リストだけ。 どれもおもしろかったっす。 「スノーフレーク」と「ねずみ石」は大人に翻弄され、それでもけなげにがんばる子どもの話という感じ。 「武士道エイティーン」は武士道シリーズ完結編。相変わらずなふたりでこれもよかった。

大矢監督休養。 というか、解任。 擁護するつもりはありませんが。 なぜ今なのかな、と。 疑問が残ってます。 それなら去年でしょう。 今年どころの騒ぎじゃありませんでしたぜ。 「スノーフレーク」読了。 「配… このレビューの続きを見る

 あらすじ 「溶けない雪の欠片を見にいこう」その約束を果たせないまま、死んでしまった幼なじみ・速人。六年後、高校卒業を控えた真乃は、彼とよく似た青年を見かける。ほんとうは生きているのかもしれない。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  好きな 作家さんの一人である大崎さんの新作。  まだ、積ん読本の中に、大崎 さんの『夏のくじら』があるのですが。    可愛い表紙に合った、ピュアで切ない青春ミステリーです。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  好きな 作家さんの一人である大崎さんの新作。  まだ、積ん読本の中に、大崎 さんの『夏のくじら』があるのですが。    可愛い表紙に合った、ピュアで切ない青春ミステリーです。… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  内田さんの新作を買おうと思って本屋さんに行ったら、思いがけず大崎さんの新作が 1冊、置いてあったので、 買いました。  これを逃すと、次、いつお目にかかれるか、 分かりませんから。   加藤さんの『インディゴの夜・ホワイトクロウ』も、いまだ本屋さんで売っているのを見た ことは、ありません。 いよいよ、○マゾンしかないでしょうか。 

3.1

スノーフレーク

00:58:By 読書三昧

大崎サンといえば、書店屋サンを舞台にしたものの印象が強い。 ところが今回は、高校生を主人公にしたモノ。 あれ?恋愛モノ??などと思いながら読み始めた。 大学入学を機に上京することになっている真乃ち… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品