DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed マリアビートル - 伊坂 幸太郎 のレビュー全38件 JUGEMブログ

>
[Amazon] マリアビートル

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

マリアビートル
マリアビートルで自分のブログにレビューを書く

マリアビートル

おすすめ!3.7 [3.7](38件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:316392位
  • Amazon価格:¥ 1,728
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4048741055(角川書店(角川グループパブリッシング))
マリアビートルのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(38件) 3.7 [3.7]

半月ちょっとのアルバイトでわずかばかりの給料をいただいた。 しかしこれでは贅沢するのは無理。 せめてもの自分へのご褒美は本だ。 大好きな伊坂幸太郎の本すら買えない生活。 調べてみたら、まだ読んでい… このレビューの続きを見る

<あらすじ> 息子の敵を取ろうと東北新幹線に乗り込む木村。 しかし、同じ新幹線には、様々な殺し屋たちが乗り合わせていた・・・。 「グラスホッパー」に続く、殺し屋小説第2弾。 再び伊坂さん。「グラスホッパー」の続編です。 グラスホッパーの感想はこちら。 グラスホッパー/伊坂幸太郎 *感想* それでは、感想です。

 作家別マイベスト14回目です。今回は、伊坂幸太郎さんで行きたいと思います。「陽気なギャングが地球を回す」「死神の精度」「フィッシュストーリー」「アヒルと鴨のコインロッカー」「重力ピエロ」「ゴー… このレビューの続きを見る

元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し屋「七尾」。彼… このレビューの続きを見る

蜜柑とのやりとり。

14:57:By miNt*

あ、蜜柑がなってるなぁと 近づくと… あれ?ここ… 春には、桜の花、咲いてたよなぁ と、思い出した。 桜の木の枝に 蜜柑が一個 刺さっている。 不思議… このレビューの続きを見る

とても面白かった。待ってたんだよ、この感じ。 懐かしい人にも会えたし。 鈴木さんに会えるとは思わなかった。まだ過去に囚われている様でちょっと切ない。 しっかし、王子ほど不快な人物、なかなかいない。 王子の章を読むのが、少しおおげさだけど苦労したというか、早く違う人の章に進みたいと思ったり。 七尾、いい味出してるね。 次回作があったらまた、会いたいな。

「何だこれは」 「アーサーだよ。名前も書いただろうが。『はずかしがりやであかむらさきのきかんしゃです。とてもしごとねっしんで、じこをおこしたことがないのがじまんです』ってな。事故を起こしたことがない、… このレビューの続きを見る

3.7

マリアビートル

23:58:By 秘密部屋。

グラスホッパーから数年後の話あのときの生き残りや、関係者が続々出てきたある意味、あのときの消化不良を終わらした様な感じだ今回は前回の鈴木さんも登場前回と違い落ち着いた印象見事に第三者的な役割をしてく… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ● マリアビートル / 伊坂幸太郎  ● 角川書店  ● 1680円  ● 評価 ☆☆☆☆☆ 元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、 東京発盛岡行きの東北新幹線“はや… このレビューの続きを見る

考えろ

15:11:By YOU-ARE-FREE

 今んとこトップ3はこれかな、、 好きすぎて感想も書けない

事故があっても落ち込まないで〜 グラスホッパーの続編。 前回同様、人は殺されるしとても物騒。 でも、人殺しがただの極悪人に見えなくて 人間味のある魅力的なキャラクターなのは、 こ… このレビューの続きを見る

盛岡に向かってひた走る電車の中で、真っ当でない男達がスーツケースやヤクザのぼんぼんを巡って右往左往する群像劇。 伊坂作品は文体が軽快でユーモアがあるけれど、一方で結構残酷なこと書いてるよな…と改めて実… このレビューの続きを見る

3.7

マリアビートル

19:36:By くねくね式

グラスホッパーの続編です。とはいえ、すでにうろ覚えですが。 殺し屋たちのお話です。 さまざまな出来事が絡まりあって転がり落ちるように新たな展開を生んでいきます。 今回は確信犯まで混ざってますからね。 なんも考えずにどっぷりとフィクションの世界を楽しめます。 ただやっぱり人が死ぬお話はちょっと気が滅入る。

どうして人を殺したらいけないんですか?   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新… このレビューの続きを見る

薄れていたわけではないけれど、伊坂幸太郎作品ってやっぱり面白い!と改めて思えた作品。登場人物の行動がシンクロして語られるパターン、ユーモラスな名前、新幹線という密室の展開。そこかしこに伊坂ワールドが… このレビューの続きを見る

  ぱっぴぃです! 今日は久しぶりに玄関で朝を迎えて、腰が痛くて仕方ないです…!友だちと飲んで帰ってきて、すーすー眠るわんこの寝顔眺めてたらいつのまにか寝てた。ほんとうに腰が…イタイ;; 図書館で予… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 面白かった。 舞台は、盛岡に向かう東北新幹線の車内。 そこに乗り込んできたのが、元殺し屋の「木村」、木村の息子に重傷を負わせた中学生「王子」、 二人組の殺し屋「蜜柑」と「檸檬」、ついていない殺し屋「七尾」。 

例によって『グラスホッパー』の内容は薄れきっていたので、ニヤリ感は半減でしたが、単体でも問題なく楽しめます。久々に長編モノの一気読みしたなー 王子サマに早いとこ「ぎゃふん」と言ってほしくて(笑) やはり伊坂作品はリンク・パズル形式のが燃えます。 とりあえず、〈顔面が激しく自己主張する機関車〉を詳しく調べたくなりました。キャラクターあんなに居たのか。私はゴードンが何か好きですよ。

 息子をデパートの屋上から落とされた、元殺し屋の「木村」。彼はその犯人である中学生の「王子」に復習するため、東北新幹線の〈はやて〉に乗り込む。一方、腕利きの殺し屋コンビ「蜜柑」と「檸檬」、運がなさす… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般   新幹線で繰り広げられる「仕事」の数々。 グラスホッパーを読んだ人はぜひ読むべきです。 マリア・ビートルを読んだ人はグラスホッパーを読むべきです。 非日常的な出来事の数々。 … このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 酒浸りの元殺し屋「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた悪魔のような中学生「王子」に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線〈はやて〉に乗り込む。取り返した人質と身代金を盛岡まで護送… このレビューの続きを見る

 12月総括です。今月読んだ本は16冊、見た映画は5本でした。今読み途中の本も何冊かあるんですが、読み終わらずに、年越ししそうな感じですね^^;今月読んで良かった本は、伊坂幸太郎さんの「マリアビートル… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 東北新幹線に乗り、トランクを奪い、上野駅で下車する。たったそれだけのことを依頼された七尾は、依頼された通りにトランクを奪い、上野駅で下車しようとしたのだったが、世界一ついてない男… このレビューの続きを見る

マリアビートル

10:51:By 受賞本

 マリアビートル  著者 : 伊坂幸太郎  受賞歴 : 2010年傑作ミステリーベスト10 3位

アマゾンの高評価を何としょう…(^^;冒頭から全然ノレませんでした。伊坂幸太郎は毎回概ね楽しく読めいているんですけど、変だな…???;殺し屋たちはコードネームからして軽々しい。同じ柑橘系でも「レモン・… このレビューの続きを見る

3.7

マリアビートル

01:45:By 深海魚

久しぶりに本読みました。 映画ばっかだったのでね…そろそろ本も読まないとね… 伊坂幸太郎さんのマリアビートル 元殺し屋「木村」は、息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、 東京発盛岡行きの東北新幹線に乗… このレビューの続きを見る

 伊坂幸太郎の新作すごいスピード感。東北新幹線に死体がたくさん。ありえないけど、おもしろかった〜。エンターテイメント!うちの書店、本を買うのにポイントカードの提出があるんだけどある年齢以上になる… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。 狡猾な中学生「王子」。 腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。 ツ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:伊坂幸太郎 「たとえば、誰かが、 『自分の好きなように行動していいですよ』 と言われたら、まずどうするか分かる?」 「他の人を窺うんだよ」 これは結局のところそうなのかなぁって思いました 自由になりたいと思うことはあるけど、 いざ『さぁ、あなたは自由だ』って言われたら みんなはどうする?とか思っちゃいますね

JUGEMテーマ:読書   最高です。神です。 どれをとっても本当に一冊一冊に驚嘆します。

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は、北を目指し疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。… このレビューの続きを見る

3.7

マリアビートル

21:15:By 読書三昧

大好きな伊坂サンの新刊。 まさにアタシが期待する伊坂サン! 待ってたよ。お帰り。と言いたい感じ。 人殺しばかりが出てきて、客観的に見たら恐ろしい話なんだろうけど、とても爽快感いっぱい。 だいたい本は… このレビューの続きを見る

3.7

マリアビートル

15:38:By Monkey Walk

文庫化を待てずについつい手にとってしまいました。 だって面白そうだったんですから。 中身は「グラスホッパー」で登場した数々の殺し屋とはまた違う業者さんたちのお話。 「グラスホッパー」ときて「マリアビ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読了しました。

*あらすじ* 元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し… このレビューの続きを見る

  TSUTAYAにDVDを返しに行って、ふと新作本のオススメコーナーを覗いてみたら、あらあらあら←、伊坂幸太郎さんが新作を出してらっしゃるわ!!! い〜な〜、欲しいなぁ〜、読みたいなぁ〜(´m` ) ”『グラスホ… このレビューの続きを見る

3.7

マリアビートル

21:15:By たちばな

『グラスホッパー』以来の殺し屋?小説。 調べてみたらレディビートルなるカクテルもあるらしいよ。

3.7

醍醐味

20:12:By Aldebaran -a royal star-

本を買わない時代。 そんな風に言うけれど。 買う人は買うのです。 私も買うもん。 売る側だけど。 買うのです。 大好きな作家さんの本を買って。 かばんにつめて。 わくわくして帰る。 これから読む!ってどきどきしてる。 そういうの。 読書の醍醐味ってやつなのです。 今夜は徹夜になってもいい…笑。 

関連する商品