>
[Amazon] 影の現象学 (講談社学術文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

影の現象学 (講談社学術文庫)
影の現象学 (講談社学術文庫)で自分のブログにレビューを書く

影の現象学

おすすめ!4.2 [4.2](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:16310位
  • Amazon価格:¥ 1,166
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061588117(講談社)
影の現象学 (講談社学術文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 4.2 [4.2]

ヨッシー目撃情報だけで私の過去の怒りがわさわさと出てきた。   人生の前半は影との統合。 後半は内なる異性との統合なのに・・・   前半の課題も終了してねぇ!!   もう一回「影の現象学」を読み直すわ。    

ヨッシーの苦悩シリーズで散々頑固な仮面を批判してきた私だが、ここまで嫌悪するのは、私が頑固な仮面の持ち主であり、そこを認めたくないためであろう。 わかってるのよ。 でもあいつらとは違う!! 私はあ… このレビューの続きを見る

 「影」という言葉からは、さまざまな意味を取りだすことができる。光と影、表だって見える「光」の裏手にある、不可視の部分、なに者かの影、それは気配といっていいかもしれない、どの意味を取りだすにしても、… このレビューの続きを見る

影の現象学 (講談社学術文庫) 心理学系の本です。 人間の心理は意識と無意識に分かれていて、それは対社会との関係性において光と影という意味合いを持ち、影は無意識下にあって意識に影響を及ぼしているとい… このレビューの続きを見る

◆影の現象学 (講談社学術文庫)◆ 私が手元にあるのは1976年に思索社から出版されたものだが、今では講談社学術文庫で手に入る。数多い河合の著書の中でも代表的なものの一つだろう。ユングの「影」の概念を中心に… このレビューの続きを見る

先日、お亡くなりになった心理学者・河合隼雄さんの著書。 「影」、シャドウについて書かれた本。 河合さんはユング派の心理学者さんですが、 「夢」についての記述も多く、 「夢」から深層心理・無意識の世… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品