>
[Amazon] 陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)
陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)で自分のブログにレビューを書く

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)

おすすめ!3.3 [3.3](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:41786位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061822934(講談社)
陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.3 [3.3]

【京極夏彦 講談社】 お久しぶりです。妖怪シリーズ。 私は京極堂と呼ぶ方がしっくりくるのですが。 待ってました。とてもとても待っていました。 今回も厚い。 次こそ直方体になるんじゃないかと思ってい… このレビューの続きを見る

「人は人を救えないよ、関口君」  京極堂はそう云った。 「僕は神や仏ではなく、人だ」 「しかし、神も仏も」 「そうだ。嘘っ八だ。だから人は他人に騙されるか自分を騙すか、そうでなければ――」  自分の目で現実… このレビューの続きを見る

“吾、未だ生を知らず、焉んぞ死を知らん---”

<本日の写真の代わりに>・・・今日のネタにぴったりの本です。 金曜日から、今日にかけては。 コメント欄にちょっと記載させていただきましたが、ちょっと悲しい日々を過ごしていました。 亡くなった方と私は… このレビューの続きを見る

陰摩羅鬼の瑕

01:47:By poupee de poisson

読了の数時間前に道で死体をみた 死生観についてかんがえる

JUGEMテーマ:京極夏彦これ好き。 哀しいな、今までで一番哀しかったなぁ。 やるせない結末。ラストシーン読むのがちょっと憂鬱でした。 個人は社会の中で生きている以上、子供のように純真無垢なままで… このレビューの続きを見る

陰摩羅鬼の瑕

11:30:By ぶくわむ

「(略)京極堂、君は」 僕を救ってくれたじゃないか。 「人は人を救えないよ、関口君」 京極堂はそう云った。 「僕は神や仏ではなく、人だ」 (本文より) 軽くあらすじ。 関口巽は、仕事の依頼先へ向かう… このレビューの続きを見る

陰摩羅鬼の瑕

22:25:By 猫の猫背

 JUGEMテーマ:読書陰摩羅鬼の瑕白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は主の五度目の婚礼を控えていた過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという花嫁を守るように依頼された探偵・榎木津礼二… このレビューの続きを見る

陰摩羅鬼の瑕

00:58:By ◆Ruri+Hari†◆

陰摩羅鬼の瑕 京極夏彦 講談社ノベルス/文庫 百鬼夜行シリーズ第8弾。 ネタバレ含みます。 京極堂が憑き物落としをする前に犯人と事件の様相がわかってしまった。 いや、犯人は普通に考えてもあの人以… このレビューの続きを見る

関連する商品