>
[Amazon] トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス)
トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス)で自分のブログにレビューを書く

トリプルプレイ助悪郎

3.2 [3.2](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:1119518位
  • Amazon価格:¥ 880
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061825380(講談社)
トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.2 [3.2]

西尾維新『トリプルプレイ助悪郎』(講談社) 岐阜県の山奥―裏腹亭。偉大な作家・髑髏畑百足が生活していた建物に、その娘であり小説家である髑髏畑一葉はやってきた。三重殺の案山子―刑部山茶花―が送りつけた予告… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 これはまた無茶な感じに話をまとめたな、と海藤幼志が裏腹亭でなぞ解きをした時は思ったけど そのあとで刑部がでてきてからはこれなら納得だなっとおもった まさか最後にうまいことまとめると… このレビューの続きを見る

「ダブルダウン勘繰郎」に続くJDCドリビュート第二弾作品。 勘繰郎は勿論出てこず、日本探偵倶楽部(JDC)から海藤幼志がやってきます。 舞台は行方不明の作家・髑髏畑百足が所有する人里離れた山奥にある裏腹亭に、怪盗から予告状が送りつけられてきます。狙われたものは、百足の最後の作品。しかしその作品はどこにあるかもわからない状態なのです。 さっと読める作品ですが、落ちはう〜ん・・・・

5年前に失踪した人気作家、髑髏畑百足。 彼の最後の作品を盗むと希代の怪盗、三重殺の助悪郎から予告状が届いた! 髑髏畑百足の娘たち、編集者と執事、 そして日本探偵倶楽部第三班所属の探偵・海藤幼志が裏腹… このレビューの続きを見る

西尾維新のJDCトリビュート第二段。 ダブルダウンが面白かったからだいぶ期待していたんだけど、 うーん、微妙。 というかこれ、JDCである必要性特に無いんじゃないの? 内容も普通のミステリだしさぁ・・・。 しかも結構退屈な感じの。 というわけで、☆は3。表紙は可愛いです。

読んだのは一ヶ月前くらいですけど、今更ながら覚書。 ダブルダウンもそうだったけど、はじめがちょい辛かった! 問題編(?)だけ3回は読み返してる。途中で誰が誰かわかんなくなってくるんだよなー。 でもやっ… このレビューの続きを見る

ああ、これがメタってやつか。 ってかんじの一冊。 けっこう読んじゃう社会学者の東浩紀がメタを多用してくるんで言ってみましたが、 わたしはイマイチこの言葉の指すところがわからんので適当です (´-ω-`) … このレビューの続きを見る

 全てはその為の下準備。  全ては布石。  全てはその法則にのっとり、全ての法則を覆す。 *あらすじ*  行方不明になった大物小説家の娘のもとへ  「三重殺の案山子(トリプルプレイのスケアクロウ)」… このレビューの続きを見る

内容紹介 裏腹亭で始まった惨劇――。稀代の大泥棒に盗まれたものは!? 岐阜県の山奥――裏腹亭。偉大な作家・髑髏畑百足が生活していた建物に、その娘であり小説家である髑髏畑一葉はやってきた。三重殺(トリプルプレイ)の案山子――刑部山茶花――が送りつけた予告状から事件は始まる――。気鋭・西尾維新が御大・清涼院流水の生み出したJDCワールドに挑む!維新×流水=無限大!

 正直なところ、清涼院流水さんは 大学時代の友達に借りてちょっと読んだだけなのですが、西尾維新さんがトリビュートとなれば話は別ですよ ということで、本屋で見かけたので買ってきました。 でも、やっぱりシリーズを読んだほうが より楽しめるのかなぁ… そして 新刊を買ったつもりだった「夏目友人帳」は、4巻ではなく3巻を買ってきてしまった… ( ´△`)アァー 夏目友人帳 4 緑川 ゆき

サイン本コーナーから買ったのに、サインなしで何の説明もなく普通に本が届きました。残念でしたのひと言くらい入れやがれとも思いましたが、どうせ買うんだしまあいいか。アクセスは早かったのになあ・・とやっぱ… このレビューの続きを見る

今回読んだ本;トリプルプレイ助悪郎 西尾 維新 岐阜県の山奥――裏腹亭。 偉大な作家・髑髏畑百足の最後の作品を頂く、そう三重殺<トリプルプレイ>の案山子(スケアクロウ)――刑部山茶花から予告状が届く……。… このレビューの続きを見る

清涼院流水氏のコズミックからのトリビュート小説第二段。 誤字が一度も無い作家の失踪から5年。 そして、1つ盗む度に3人殺すスケアクロウからの予告状。 京都駅ビルを盗むと予告し失敗。 捕まったはず… このレビューの続きを見る

関連する商品