>
[Amazon] 1973年のピンボール (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

1973年のピンボール (講談社文庫)
1973年のピンボール (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

1973年のピンボール

おすすめ!4 [4](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:813658位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4061831003(講談社)
1973年のピンボール (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 4 [4]

 「風の歌を聴け」のその後。「風の歌を聴け」は時間をもてあましてるというか なんとなく毎日を生きてる感じがしたけど「1973年のピンボール」は 今まで居心地がよかった場所や人や物と決別しなければならな… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:読書今年12冊目。

時代が自分が生まれた頃の話のためか、知らないだけにより新鮮さがあった。 登場人物はやっぱりどこか大人びていて考えることがとても深い。 「鼠」と「僕」でが織り交ざって進んでいく物語だけど、 今回… このレビューの続きを見る

何が面白いのか分からない… つまらなくはないけど魅力が分からない… 昔別の本も読んだけど、やっぱりわたしは春樹の文章は好きじゃない。 嫌いじゃないよ。好みじゃないってだけ。

JUGEMテーマ:本の紹介ストーリーは前作から3年後の1973年。主人公「僕」と、親友の「鼠」は700キロ離れた街で、それぞれの青春の日々を送る。双子の姉妹と暮らす「僕」、女との乾いた日々の「鼠」。 … このレビューの続きを見る

関連する商品