DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 生まれる森 - 島本 理生 のレビュー全14件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 生まれる森

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

生まれる森
生まれる森で自分のブログにレビューを書く

生まれる森

3 [3](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:1947342位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062122065(講談社)
生まれる森のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3 [3]

最年少野間文芸新人賞作家の新作恋愛小説!芥川賞候補となった前作『リトル・バイ・リトル』により野間文芸新人賞を20歳で受賞、注目を集める新鋭が深い恋の傷からのゆるやかな回復を描く待望の恋愛小説予備校… このレビューの続きを見る

島本理生の恋愛小説は好きです。 以前読んだものの再読なので過去の感想探したけれど、読んだのはmixiで感想書き始める前のことだったよう。 とても分量が少なくて物足りないと思いながらも、この時点ですでに… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) 初めて知った恋の深い痛みと、ゆるやかな新生を描く20歳の恋愛小説。最年少・20歳野間新人賞作家。

mature

07:34:By in spire kinokotan

先生「今日は少ないけど大好きな三人だしいいね!」 「おなじみの三人ですね〜」 からだの調子の悪いところに気が付いてくれたり、 腰はどう?と定期的に聞いてくれたり、 どんなにうまく出来なくても、 誰… このレビューの続きを見る

3

生まれる森

19:04:By

 島本理生は「ナラタージュ」以来です。芥川賞候補だったらしいですね。 あとがきにもあるように、主人公が失恋から立ち直るまでを描いた恋愛小説?なのですが…うーん、辛いかもしんないけど、こんな恋してみた… このレビューの続きを見る

大学生の女の子が好きなひとと別れて 壊れてからのお話。 ほとんど展開はないんだけど、すごく静かに細かく心の動きがみえてよかった すごく好きな感じです まだ筆者が大学生ってのにびっくり もう一冊くらいこのひとの本読みたいな   たすけてあげたいとおもってたのに たすけてあげられなくて そう思えば思うほどいっしょに深い森のなかに入ってしまって あぁわかる、てすごくすごく切なくなった

3

生まれる森

23:54:By ほんのひとこと

大学の友達が帰省している間 アパートを貸してもらえることになった。 これで一時的にだけれど家から出られる。 誰の子かも分からない子どもを下ろしてから居づらくなった家。 この話を相談できたのはキクちゃ… このレビューの続きを見る

このお話の主人公野田は終わった恋を(恋に恋した恋)ずるずるとずるずるとそれはもう見ていて、恥ずかしくなるくらいに引きずっている。 何かをみては、サイトウさんとの恋を思い出す。そして、胃痛を起こしたり… このレビューの続きを見る

生まれる森

19:22:By あいうえお

一気に読みました。 この作者も若いんだよね、っていうか同じ歳。 そして芥川賞の候補。 綿谷りさのも金原ひとみのも読んだけど どうしてそっちが選ばれて これが選ばれなかったのかがわからない。 差… このレビューの続きを見る

 評価:★★☆ 2.5  深く傷ついた過去の恋と、そこから生まれ変わるための新しい恋の始まりをさらりとした文章で描いていて、とても読みやすいです。20歳の恋愛についての話。  すごく読みやすくて良い話… このレビューの続きを見る

生まれる森

15:36:By よそゆき

終わった恋。何かが欠けてしまったような気がする。 帰省する友人の部屋を借りてひと夏限定の一人暮らしをする主人公。 高校時代の変わり者のクラスメートとその家族と過ごすうち、 徐々に気持ちの整理をつけて… このレビューの続きを見る

好きだった人。 これから好きになる人。 前の恋をうまく処理できないと 前には進めないことを教えてくれた。 お腹が痛くなる症状。 ぁたしにもあったよ・・・。

ひとまわり以上年の違う塾講師との恋と別れのはてに、父親の分からない子を堕胎した主人公。うっそうとした森のような果てない憂いの世界から、抜け出せるのか。 「ナタラージュ」のあとにコレを読んだので、驚… このレビューの続きを見る

3

生まれる森

22:48:By Sink Sank

昨日、図書館で借りてきた島本理生さんの『生まれる森』。 この作品を読んで思ったのは、恋愛小説っぽくないってコトかな。 作者も恋愛小説とはいえないかも知れないって書いてあったけど、確かにそんな感じだ… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品