>
[Amazon] 元職員 (100周年書き下ろし)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

元職員 (100周年書き下ろし)
元職員 (100周年書き下ろし)で自分のブログにレビューを書く

元職員

3.1 [3.1](13件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:317951位
  • Amazon価格:¥ 39,139
  • ユーズド価格:¥ 198
  • ISBN/ASIN:4062150921(講談社)
元職員 (100周年書き下ろし)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(13件) 3.1 [3.1]

JUGEMテーマ:読書 ある男が一人でバンコクを旅する。 その時に知り合った日本人男性から美しい娼婦を紹介される。 バンコクで旅するとどんな感じなのか、この男の場合はちょっと特別だけど分かったような気… このレビューの続きを見る

夏目漱石的な展開。たぶんクライマックスにおける驚愕の一瞬のためだけに色々と伏線張って抑えつつ書いてる気がする。そういうのって好きよ。タメてタメてタメてタメて一瞬でぶわっと放出する感じ。この人の本てホ… このレビューの続きを見る

うん、私の知っている吉田修一さんといえばこういう感じ。 この小説は全然ほのぼのではないけど、 人間の心理を描く様子はイメージ通り。 一人でタイに観光にやってきた片桐。 最高級のホテルに宿をかり、現… このレビューの続きを見る

元職員

20:26:By T_plus!

変わった切り口で舞台がタイで、どうなるのかと思ったんですけど、結局何も起きてないような。どういう話だったんだろう。

JUGEMテーマ:小説全般●元職員/吉田修一 ●1365円 ●評価 ☆☆☆ 栃木県の公社職員・片桐は、タイのバンコクを訪れる。 そこで武志という若い男に出会い、ミントと名乗る美しい娼婦を紹介される。 娼婦、妻、友人、嘘… このレビューの続きを見る

「元職員」吉田修一 166p講談社 タイのバンコクを訪れた片桐は、偶然、武志という若い男に出会った。 相変わらずどこかで聞いた犯罪を描く。 わかっているんだけど つい手に 取っちゃうんだよね。 … このレビューの続きを見る

『元職員』

22:28:By つれづれぱぺり

 吉田修一の新刊は、7年ぶりの書き下ろしだそうです。 あっという間に読めてしまい、『悪人』のような重厚さは ないので、期待はずれと思う人も多そうです。 旅行でタイのバンコクを訪れた「俺」片桐は、武志… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review  内容紹介 吉田修一7年ぶりの書き下ろし小説 娼婦、妻、友人、嘘、欲・・・すべてが重なり合い、すれ違う。ある秘密を抱えた男がバンコクの夜に見たものとは!? 吉田修一が到達… このレビューの続きを見る

本当は妻と一緒に来るはずだった。 でも妻は、旅行を拒否した。そして「秘密」をも。 【あらすじ】 一人の男がタイの首都バンコクのスワンナプーム空港に降り立った。男の名は片桐。栃木県の公社職員である。 … このレビューの続きを見る

2冊読了。 どちらも講談社の「書き下ろし100冊」企画のもの。 吉田修一のは『犯罪文学』って文字が帯にあったので 何だろう、と思っていたけど、 なるほどそういうことか、というかんじ。  やっぱり巧… このレビューの続きを見る

3.1

元職員

19:03:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 514円が全ての始まりだった。娼婦、妻、友人、嘘、欲、ホテル、アユタヤ、ムエタイ、仕事……目の前を横切るあらゆる光景が危険な結末へと導いていく。吉田修一が到達した最高の「犯罪文学」。 … このレビューの続きを見る

3.1

元職員

21:47:By 小春日和の本棚

JUGEMテーマ:読書 内容紹介 吉田修一7年ぶりの書き下ろし小説 娼婦、妻、友人、嘘、欲・・・すべてが重なり合い、すれ違う。ある秘密を抱えた男がバンコクの夜に見たものとは!? 吉田修一が到達した最高の「世界文学」。 

吉田修一の最新作。講談社の「書き下ろし100冊」シリーズの第1弾を本田孝好さんとともに飾った作品です。 …うーん。これは何とも。「悪人」で一皮剥けた印象あったんですが、この作品はどうだろうか。悪くは無い… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品