>
[Amazon] 光待つ場所へ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

光待つ場所へ
光待つ場所へで自分のブログにレビューを書く

光待つ場所へ

おすすめ!3.4 [3.4](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:237175位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062162512(講談社)
光待つ場所へのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.4 [3.4]

しあわせのこみち チハラトーコの物語 樹氷の街 この3つの物語が収められています どの物語も、こんなはずじゃなかったと 自分の考え方や生き方を周りに理解してもらえず 違和感を持ちつつ生きている主人公… このレビューの続きを見る

短篇集 辻村さんは本当に今まで自分が書いた作品を愛しているんだなあと思う。 メインの登場人物だけでなく、サブのその後まで描くほど。 ・しあわせのこみち 一般教養の授業を受けるために出された課題… このレビューの続きを見る

久し振りに市の図書館を利用したら、運よく辻村さんの本を見つけたので借りてきました 三つの短編が収録されている本。 気移りが激しいので(?)、一日に3~5冊をとっかえひっかえしながら読むスタイルで過ごして… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) T大学文学部二年生、清水あやめ。「感性」を武器に絵を描いてきたという自負がある。しかし、授業で男子学生・田辺が作った美しい映像作品を見て、生まれて初めて圧倒的な敗北感を味わい…。 ≪目次≫ しあわせのこみち/チハラトーコの物語/樹氷の街

悔しい、恥ずかしい、息苦しい――。 それでも日々は、続いていく。 今もっとも注目の作家・辻村深月 心震わす傑作青春小説! 【収録作品】 「しあわせのこみち」 T大学文学部二年生、清水あやめ。「感性」を武器… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 【あらすじ】 中学の合唱コンクール。その伴奏をすることになった倉田梢は、悩みを抱えていた。演奏する曲が思った以上に難しく、課題曲の方はなんとか最後まで弾けるものの、自由曲までは… このレビューの続きを見る

 たった3分のフィルムに、生まれて初めての敗北をあじあわされた清水あやめ。美学と愛でもって、罪のない嘘をつくチハラトーコ。遅々としてはかどらない合唱コンクールの練習に苛立つ指揮者の天木。  それぞれを… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) T大学文学部二年生、清水あやめ。「感性」を武器に絵を描いてきたという自負がある。しかし、授業で男子学生・田辺が作った美しい映像作品を見て、生まれて初めて圧倒的な敗北感を味わい…。 JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 

内藤絵画教室に通い絵には自信のあった清水あやめは『造形表現』の講義の課題で田辺の撮った映像に打ちのめされた。絵画教室で出会った翔子をはじめとする他の誰にもそんなことを感じたことはなかったのに。しかも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 「しあわせのこみち」 T大学文学部二年生、清水あやめ。「感性」を武器に絵を描いてきたという自負がある。しかし、授業で男子学生・田辺が作った美しい映像作品を見て、生まれて初めて圧… このレビューの続きを見る

3.4

光待つ場所へ

20:29:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 悔しい、恥ずかしい、息苦しい――。 心震わす傑作青春小説! たった3分間のフィルムが私に見せた世界は美しかった。私を打ちのめすには、充分すぎるほどに。――<「しあわせのこみち」本文より>… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書「しあわせのこみち」「チハラトーコの物語」「樹氷の街」の3つの短編。   とても面白かったんだけど、完全に失敗しました。「しあわせのこみち」は「冷たい校舎の時は止まる」、「チハラト… このレビューの続きを見る

3.4

光待つ場所へ

19:53:By

光待つ場所へ辻村深月氏の新刊です。安定しています。というのも、ステージが既に他の作品の延長にあるからで、世界観が出来上がっている安定感ってのがあります。中編3本。それぞれ、既刊本の中から登場人物が微… このレビューの続きを見る

3.4

光待つ場所へ

11:01:By The Samantha Times

あらすじ: 「しあわせのこみち」 T大学文学部二年生、清水あやめ。「感性」を武器に絵を描いてきたという自負がある。しかし、授業で男子学生・田辺が作った美しい映像作品を見て、生まれて初めて圧倒的な敗北感… このレビューの続きを見る

 辻村ワールド全開の短編集。これだけでも楽しめますが、他の作品を読んでいるともっと楽しめるかと。  どの作品もとてもよかったんですが、個人的には「しあわせのこみち」が好きでした。  才能があるもの同… このレビューの続きを見る

関連する商品