>
[Amazon] 海賊とよばれた男 上

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 上で自分のブログにレビューを書く

海賊とよばれた男 上

おすすめ!3.9 [3.9](23件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:12187位
  • Amazon価格:¥ 980
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062175649(講談社)
海賊とよばれた男 上のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(23件) 3.9 [3.9]

社長命令で平日午後に鑑賞。中年のおっさんおばさんが大半を占める。銀座室町コレドにて。割引デーで1100円ってのも人が入ってた要因。   基本、現在と昔を行ったり来たりするのも、熱い男の一生を… このレビューの続きを見る

 『海賊とよばれた男 上・下』主人公は出光興産の出光佐三をモデルに物語が作られているそうです歴史にもあまり強くないのと近代史はより知らないので私としては小説として読みました百田尚樹の作品はきっち… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 海賊とよばれた男 (上)(下) / 百田尚樹(講談社)   評価 (上) ☆☆☆☆  (下) ☆☆☆☆☆ 1945年8月15日、 敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がった。 … このレビューの続きを見る

*あらすじ* 「ならん、ひとりの馘首もならん!」--異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、戦争でなにもかもを失い残ったのは借金のみ。そのうえ大手石油会社から排斥され売る油もない。しかし国岡… このレビューの続きを見る

2013年読み納めの本は、職場の方に借りた本です! 百田尚樹著 /「海賊とよばれた男」 ※ネタバレ有り 百田尚樹さんの小説と言うだけあって、期待して読みましたー!笑 結果は、普通に面白かっ… このレビューの続きを見る

3.9

本屋大賞。

09:00:By だいありぃ。

 今半分くらいまで読んだとこです。 これ、伝記なんだけどなかなか面白い。 結構分厚いんだけども、通勤の電車で読んでるとこ。 出光興産の創業者をモデルにしたお話し。 戦争から戦後、どうやって生きて… このレビューの続きを見る

タイトルからどんな話かと思いきや、石油会社の話だった。出光興産の創設者・出光佐三が主人公。名称を変えているものの、もしかするとノンフィクションのカテゴリーに入れた方が良いのかも知れない。国岡商店はタ… このレビューの続きを見る

 噂に違わぬ素晴らしさ!まだ上巻、しかも半分しか読んでないのにすでに電車の中で2回も半泣き。本屋大賞は伊達じゃないね。早く下巻も買わねば。。

話題の「海賊と呼ばれた男」を読みました。読みやすくあっという間に読んでしまいました。絶賛されている方が多いのですが、しかし、何か物足りないのです。前半がまだいいですが途中から単調であきてきます。話は… このレビューの続きを見る

読み終わりました。海賊と呼ばれた男。有名な本なので読まれた方も多いかと思います。時代は違っても共通する本質は一緒なんだと思います。重要なのは人財。いくらでも立ちふさがる様々な困難を乗り越えていきます… このレビューの続きを見る

読み終わりました。海賊と呼ばれた男。有名な本なので読まれた方も多いかと思います。時代は違っても共通する本質は一緒なんだと思います。重要なのは人財。いくらでも立ちふさがる様々な困難を乗り越えていきます… このレビューの続きを見る

3.9

諦めない心

21:51:By 招き猫な暮らし

 この物語のモデルは・・・ 出光興産の創業者 出光佐三さん だということなのですが・・・ 本当にすごい人・・・・です こんなにも生涯困難と 闘い続けた人はいたのでしょうか・・。 私利私欲のためではな… このレビューの続きを見る

信じきれますか!電車の中でおっさん(私のこと)が号泣!「海賊とよばれた男」読みました。出光創業者の出光佐三さんの話です。佐三さん、あらゆることが、すごすぎるのですがそのひとつが「人を信じきること」「… このレビューの続きを見る

予備知識なく読み始めたら、いきなり時代は戦後。 あらら〜。どうしようか……。 などど思ったのもつかの間、最初の数ページでこの国岡鐵造氏から目が離せなくなった。 戦後、何もかも失った石油業を営む国岡商… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書の楽しみ いつぞや、地方紙の書籍紹介で、出光興産会長の一代記が、今年の本屋大賞になったと読んで、図書館に予約したら、思いのほか、早くに本が回ってきました。  社員を会社の財産だと… このレビューの続きを見る

 出光興産の創業物語であり、戦後の焼け野原で荒廃した日本が何故僅か20年で、世界第2位の経済大国に蘇ったかが納得出来る名著です。 文章も読み易く、一気に読めます。当時、出光興産の全社員はタイムカ… このレビューの続きを見る

「この物語に登場する男たちは実在した。」 冒頭の一文でノックアウト。 一気に読んじゃいました。 かなりおもしろかったです 下巻は58番目…。 嗚呼、いつ読めるんだろー。

石油業界で仕事をしてたことを思い出した(笑) 下巻に入ります!

 WBCで日本が準決勝で負けて、思わずニヤリとしてしまった。 不祥事続きの柔道界や、捏造された支持率の挙句、東京がオリンピック誘致に失敗すれば、私はもっとニヤリとすると思う。  「サムライ」という言葉が… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:自分が読んだ本 2009年から書いているこのブログ。 ちょいちょい出てくる「パカチョ」というさゆり語。 または講演で「さゆりの人生3部作」を聞いた方が耳にした「スーパーサイヤ… このレビューの続きを見る

 この本が凄いらしい・・・買って読んでみるべし!(笑)____________________________________________________これ、朝です!(笑)今日はシテ島に車の登… このレビューの続きを見る

今年のお正月に読んだのがこちらの本。 大好きな作家さんである百田尚樹さんの 「海賊とよばれた男」 上下巻なんですが3日で読み終わりました。 ノンフィクションノベルなんですが・・・・・ 読後の感想 「こ… このレビューの続きを見る

敵は七人の魔女、 待ち構えるのは、英国海軍 ホルムズ海峡封鎖を突破せよ!   まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング 【あらすじ】 敗戦の夏、異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は… このレビューの続きを見る

関連する商品