>
[Amazon] もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)
もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)で自分のブログにレビューを書く

もう二度と離さない

おすすめ!3.8 [3.8](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:570263位
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062558947(講談社)
もう二度と離さない (講談社X文庫 ホワイトハート)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.8 [3.8]

夜光花に負けず劣らずのサスペンステイスト。ホワイトハートでここまで書くとは、という感じですね 既に付き合っている設定から始まるのは新鮮だった。 昔話の部分は女の自分には、かなり酷でしたが、BL小説としては良かったと思う。 何はともあれ奈良千春の絵が美麗。美しいにも程がある。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ きました、ドロドロ? 人のブログで気になってケータイにメモってたのを見つけました。 エスとライクファザーライクサンは買うの渋ったけど、コレは即レジに。 Kぶっくすでね。 樹生サンx奈良サンというラブリータッグv 攻が良い感じデス。 すんごい不憫だなあって感じる人が若干1名いますが(笑)

 日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。  小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれているふたりは幸せな毎日を過ごしていた。  そんなある日、司の過去を知る男、そして渓舟の過去を探る男が現れたことにより、平穏な生活は少しずつ狂い始めていき…!?

もう二度と離さない (講談社X文庫ホワイトハ-ト) 樹生 かなめ <画家攻め×訳有マネージャー受け><落ち有> *<やや痛有>  あらすじ:画家である以前にモデル並のルックスで目立つ攻めとサナトリウムで… このレビューの続きを見る

(「BOOK」データベースより) 日本画の大家を父に持ち、美貌と才能に溢れる若き洋画家・佐伯渓舟は、助手であり恋人でもある相良司とともに暮らしている。小さなトラブルが起こることもあるが、強い絆で結ばれて… このレビューの続きを見る

関連する商品