>
[Amazon] 虹を操る少年 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

虹を操る少年 (講談社文庫)
虹を操る少年 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

虹を操る少年

おすすめ!3.3 [3.3](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:176057位
  • Amazon価格:¥ 691
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062635453(講談社)
虹を操る少年 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.3 [3.3]

  こんばんわ。 今年5冊目のレビューです。 光をテーマとした作品で、東野圭吾氏ならではの理系SFミステリー(?)です。 現代社会の権力に対するメッセージもこめられているので、天空の蜂とかに近いのか… このレビューの続きを見る

虹を操る少年

20:48:By

「光にメロディがあるの?」 「あるさ。みんな、そのことに気付いていないだけさ」。 “光”を“演奏”することでメッセージを発信する天才高校生・光瑠。 彼の「光楽」に、感応し集う若者たち。 しかし、その力の大… このレビューの続きを見る

虹を操る少年

04:02:By

 ひとこと。 面白かった!! いつもながらにストーリー展開のよさと、その題材が輝いてました。 ノンストップでいっきに読めるのでおすすめです。 登場人物たちの心情、彼らが見ているものの描写が読み… このレビューの続きを見る

 【あらすじ】 色彩に優れ、人より多くの光を見ることのできる天才高校生・光瑠は、 人が音楽を聴いて楽しむように、光を観て楽しむ、「光楽」という 新しい芸術を生み出すことに成功した。 熱狂的なファンを… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:ミステリ 久々の東野圭吾!今売れてるからねぇ;; ガリレオ系ひとつも読んだこと無いけど、やっぱり売れているから一読すべきだろうか。 悩み中。 あと性格もあるけど。 売れてると嫌になっちゃ… このレビューの続きを見る

★★★☆☆ *あらすじ* 天才的な色彩感覚と、光を操る才能を持った高校生・光瑠(ミツル)。彼は光の演奏 = 『光楽』を構築し、それを通して人々にメッセージを発信し始めた。 しかし『光楽』は麻薬にも似た陶酔性と… このレビューの続きを見る

3.3

虹を操る少年

23:28:By くねくね式

光を操る少年のお話。 SF色が強い? 進化する子供達・・・ ぼーっと読んでいると、突然現実味が無くなってきて「んー?」という感じになりますが、面白いです。 こういう発想すごいなー。 私も天才ってヤツに生まれてみたかったなー。 どんな感じなんでしょ?

天才少年・光瑠(ミツル)が光を演奏することで若者たちへメッセージを発信する。。 両親が天才である息子に対してどう接して良いか戸惑うくだりは東野作品らしく面白かったが、全体的に自分にはのめり込みにくいストーリーだった。 やっぱり子供主体というか、子供が主人公の小説はあんまり好きではありません。 それにしても、東野圭吾は作品の幅が広い作家だなあ。。。

今読み終わりました。図書館で借りてきた中で 一番短そうだったのでこれを先に読みました。 感想ですが、東野圭吾さんらしくとても読みやすく分かりやすかったです。 そして白夜行、幻夜に出てきた女性とまた… このレビューの続きを見る

関連する商品