>
[Amazon] 世界は密室でできている。 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

世界は密室でできている。 (講談社文庫)
世界は密室でできている。 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

世界は密室でできている。

おすすめ!3.7 [3.7](14件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:430919位
  • Amazon価格:¥ 550
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062750678(講談社)
世界は密室でできている。 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(14件) 3.7 [3.7]

15歳の僕と14歳にして名探偵のルンババは、家も隣の親友同士。中三の修学旅行で東京へ行った僕らは、風変わりな姉妹と知り合った。僕らの冒険はそこか ら始まる。地元の高校に進学し大学受験――そんな10代の折々に待… このレビューの続きを見る

私に舞城王太郎を薦めた人は、薦めるときにちょっとだけ躊躇しました。 その時におすすめされたのは「煙か土か食い物」。 躊躇した気持ちはすごくよくわかる。 私は大好きです。今回、芥川賞にノミネートされ… このレビューの続きを見る

奇抜だな。と思った。スクールアタック・シンドロームよりは綺麗に読めた。そして笑えた。個人的には好きでした。文章力はあるんだかよく分からんがとりあえず惹きこまれる。『←』を使ってたり、小説としてはなんか… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:Book review 「 十五歳の僕と十四歳にして名探偵のルンババは、家も隣の親友同士。中三の修学旅行で東京へ行った僕らは、風変わりな姉妹と知り合った。僕らの冒険はそこから始まる。地元の同じ高校に進学し大学受験―そんな十代の折々に待ち受ける密室殺人事件の数々に、ルンババと僕は立ち向かう。鮮烈!新青春エンタ!! 」

今日の1冊は、舞城王太郎の 『世界は密室でできている。』です。 「僕」友紀夫とルンババは、隣同士に住む親友。 14歳の時に ルンババの姉・涼子が死んでしまいます。 その後、次々に大変な事件に巻き込ま… このレビューの続きを見る

好き好き大好きの後に読んだもんだから字がものすごくぎゅっと詰まってるみたいに感じたぜ… 主人公の友紀夫と名探偵ルンババと数々の密室殺人事件の話。 もったいぶらない名探偵、この中にいない犯人、という… このレビューの続きを見る

 帰ってきてうだうだしてるうちに寝てしまった。いや、さっき学校から帰るとき、自転車を数日振りにみたらなんとチューブがはみ出てるじゃないですか。パンクの方がまだましだっつーの。30分ぐらい押してホー… このレビューの続きを見る

井上えのきかわいい ラノベっぽいなーと思って 買った初めての舞城小説

JUGEMテーマ:小説全般 ★主人公ゆきおと、その友達で探偵のルンババが福井県のとある町でおりなす勢いのあるストーリー。タイトルのとおり、密室のことばっかり。でも密室にも質とジャンルがあるんです… 私… このレビューの続きを見る

舞城さんのミステリは変だけど惹きつけれれるものがある、と思う ミステリ感のない、まるで漫才みたいにテンポ良く流れる会話が読んでて面白い 舞城さんの作品を初めて読んだのは「煙か土か食い物」だったけ… このレビューの続きを見る

 評価は定価どおり。  主人公と親友で名探偵のルンババが殺人事件を次々に解決していくお話。  久々に全くカテゴライズ不能の小説でした。講談社文庫から出ているし、何よりロックドルームものなので一応… このレビューの続きを見る

ルンババ可愛いいいい ていう、のがまあ第一です。 煙か土か食い物ではあんなことになってしまいましたが…切ねええ 青春です、ミステリーは最早おかず状態。 たまに来るから美味しさが引き立つのです。 後半… このレビューの続きを見る

ルンババってどっかで聞いたと思ったら『煙か土か食い物』に出てくる探偵か。 舞城のスピード感があってどっかテキトーな感じの文体は好きなんだけれど、そして新青春エンタだかなんだか言われているように、読書… このレビューの続きを見る

3.7

天才。

00:43:By i love ・・・.

天才!舞城王太郎!! ってなわけですよ、ええ。 やー、おもしろいです。 このテンポが素晴らしい。 好き嫌い真っ二つだと思うけど、とりあえず読まず嫌いせずに読んでみよう。 そんなわけないだろ!って… このレビューの続きを見る

関連する商品