>
[Amazon] NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)
NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2

おすすめ!3.4 [3.4](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:233820位
  • Amazon価格:¥ 583
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062756358(講談社)
NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.4 [3.4]

2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。(Amazon)  こいつらいつからラブラブなんだろう、なんて考えるまでもなかった。最初からだ。

3.4

NO.6♯2

22:53:By day to day

2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。

第2巻は、理想都市No.6を追われ、外の世界・西ブロックでの話。 第1巻に引けを取らない面白さ。あっという間に読み終えてしまいました。大人も十分に楽しめます。 ネズミと紫苑という2人の若者の対比がとても… このレビューの続きを見る

NO.6 ♯2

18:08:By Searchvision

017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれと… このレビューの続きを見る

3.4

加速する物語

06:45:By 不定期戯言

JUGEMテーマ:読書 西ブロックに逃亡した紫苑。 生きるので精一杯の街で、変わらない人のよさを発揮して、ネズミにイラつかれる。 寄生蜂とはなんなのか? N0.6は何を目指していくのか? 謎は深まり、物語は動… このレビューの続きを見る

  2008年おすすめ小説ベスト3     ・・・・・って事なんだけど、 おすすめしたい小説はいっぱいあって絞れないんだよねえ(・ω・;)(;・ω・) そんで読みたい未読小説ベスト3じゃダメかな← まあこれもおすすめする本には変わりないし!いいよね!うん!(自己完結)(もちろん良くない)      

以前読んだ筈なのに初めて読んだような感覚に陥ってます。 なので先を予測できずに楽しめました。(これは不名誉か?笑) 設定が大好きというのは#1の感想で語ったので重複ですが、陰と陽の明確な二極化の様子… このレビューの続きを見る

3.4

NO.6 ♯2

21:45:By 蒼の彼方

続きが気になる!! まずはこれ。 率直にただただ続きが気になります。 や、だって…あんな風に終わられちゃ困る 笑 今回少しずつ謎の部分が見えてきました。 特に気になるのはネズミの過去。 まぁNo.6で起… このレビューの続きを見る

2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。

すごい、今週毎日1冊読んでいる。いつまで続けられる事やら…。 あさのさんのこの本は1時間半で読み終わりました。 読みやすいスピード感のある文章。伝わってくる人物の心。 しかし難点なのは、話が展開しない点… このレビューの続きを見る

いまイチ推し! スゲーおもしろいわけでもないし、つまらねーってわけでもない。 ただ単純に追いかけているモノがこれしかないので・・・ あらすじとしては―― 近未来みたいな世界。人は遺伝子等々で管理… このレビューの続きを見る

 で、2巻。  実は、理想都市NO.6が、虚構で塗り固められた街である事を知る紫苑。ネズミの世話になりながら、全く考え方の違う二人は、ぶつかりながら、でも、互いに影響し合っていく。  で、思ったのは… このレビューの続きを見る

p13 生まれてから十六の歳まで、言い急いで舌をかんだことなど、一度もなかった。 心が急いて、言葉が追いつかず、思わず相手の腕を掴んだことも今が初めてだ。

あさのあつこ氏の未来都市「NO.6」のお話。 この作者の本は全て文庫で「バッテリー」「THE MANZAI」「ガールズ・ブルー」「ほたる館」を読んでいる。 今まで読んだ本はすべて現代のお話だった… このレビューの続きを見る

見た瞬間キュンですよ! 本気でフォーリン・ラヴ!! 思い出すだけで鳥肌立ちます。もうそりゃめっさバリバリに。 逆にため息も出ます。それほど好きです。 もう末期だなオイオイ…てな感じです。すいません。ま… このレビューの続きを見る

関連する商品