>
[Amazon] 黄昏の百合の骨 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)
黄昏の百合の骨 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

黄昏の百合の骨

おすすめ!3.4 [3.4](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:249455位
  • Amazon価格:¥ 726
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062756943(講談社)
黄昏の百合の骨 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.4 [3.4]

内容(「BOOK」データベースより) 強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は―。

この屋敷の秘密とは?誰が、何を、知っているの? 『黄昏の百合の骨』 恩田陸   理瀬シリーズ4冊目です^^ これが一番ぞっとしたかな? ホラーとかそういうのでなくて、人間にね。笑 『麦の海に〜』で吹… このレビューの続きを見る

 内容(「BOOK」データベースより) 強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は―。

「麦の海に沈む果実」に続き、理瀬シリーズを読んだ。シリーズって言っても登場人物が少し被ってるだけで、雰囲気は作品によって大分違うのでいわゆるシリーズものの型ではないかな。黄昏の百合の骨「麦の海〜」の… このレビューの続きを見る

理瀬ちゃんシリーズ。つづき。なんだかすごくおもしろかった。でもなんだろう、ファンタジーなのに結構リアルに人が死んだりする。なのにサスペンスというよりはファンタジーにみえるのだ。なんだろう。挿絵があるから?いやいやいや・・・不思議なシリーズ。にしても、理瀬ちゃん、すごいよね・・・

     obiword   「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り家は処分してはならない」  亡き祖母の奇妙な遺言に従い、「魔女の館」と噂される洋館に、理瀬は、やってきた  「黄昏の百… このレビューの続きを見る

 最近は本当によく本を読んでます。電車の中、自分の部屋、リビング、寝る前にベッドで。彼氏のうちでお留守番とかしてても読んでる。笑小学生のときの習慣のせいか夏休み=読書っていう気持ちが抜けないのか… このレビューの続きを見る

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。 奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。 因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を… このレビューの続きを見る

3.4

黄昏の百合の骨

22:46:By otome no ichibu

丘の上の洋館と、美少女で大人びた高校生というアイテムが揃えば、たまらない!止まらない!というわけで、存分に物語を楽しませていただきました。 恩田陸という人は、記憶に対して個人それぞれがもっている独特な… このレビューの続きを見る

黄昏の百合の骨 恩田陸 講談社 「麦の海に沈む果実」の主人公理瀬のその後の物語。 ネタバレしてます。要注意。 「麦の海」の場面転換の切り替えの早さ短さがどうも感情移入しにくくて 実のところ苦手… このレビューの続きを見る

3.4

黄昏の百合の骨

18:08:By Phantasmagoria

うーん微妙。 どことなく漫画チックなんだよなあ。 えー? と思う点がいくつか。都合よくね? というか。 理瀬が高校生のお話。 『麦〜』は中学生。 理瀬シリーズ(?)では『麦〜』が一番いいなあ。 『三月〜』『麦〜』『黄昏〜』以外にも理瀬出ているのあるのかな? まあ恩田陸はもういいかなという感じ。

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探るうち、周囲で毒殺や失踪など不吉な事件が起こる。将来への焦りを感じながら理瀬は—。 JUGEMテーマ:読書

妖しげな雰囲気たっぷり。 妖 ←この漢字がしっくりくる。 この主人公が登場するほかの話もあるようなので 講談社文庫の恩田陸さんのほかの本も読んでみようと思った。

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。 奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母2人。 因縁に満ちた屋敷で何があったのか。 「魔女の家」と呼ばれる由… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 亡くなった祖母の遺言で 白百合荘に住むことになった女子高生 水野理瀬。 遺言の意味と白百合荘に隠された秘密。 友人の謎の失踪。 同居する二人の叔母は味方なのか敵なのか。 またも… このレビューの続きを見る

『夜のピクニック』でハマってしまった“恩田陸”。 (『夜のピクニック』とは)ガラっと“色”が変わってミステリー。 この人の作品ってコッチの方が、この人らしいのか?(>書評を読んでると)。 何度かの“どんでん返し”があり、最後の最後まで気が抜けない。 心地よい騙され方を自分なりに楽しめる作品でした。

理瀬の物語ね。 おばあちゃんが死んで、「魔女の館」と呼ばれるおばあちゃんの家に なんだか怪しい叔母2人と共に住むことになった理瀬。 おばあちゃんが館のどこかに隠した「ジュピター」とはなんなのか探しているうちに 動物が毒殺されたり、同級生の男の子が失踪したり・・・ と、いうお話。 恩田陸も最近飽きてきたなあー

3.4

黄昏の百合の骨

20:54:By Orange-Books

強烈な百合の匂いに包まれた洋館で祖母が転落死した。奇妙な遺言に導かれてやってきた高校生の理瀬を迎えたのは、優雅に暮らす美貌の叔母二人。因縁に満ちた屋敷で何があったのか。「魔女の家」と呼ばれる由来を探… このレビューの続きを見る

3.4

黄昏の百合の骨

22:00:By FAUCHON

理瀬が主人公の話です。 麦を読んでからでないと知識が足りませんよ。 これは合宿のお供だったっていう 思い出の一品になるんだろうな。 大学生って面白い。 酔っ払いにテンション合わせるのは、 ちょっと… このレビューの続きを見る

「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り家は処分してはならない」 亡き祖母の奇妙な遺言に従い、「魔女の館」と噂される洋館に、理瀬は、やってきた………。「麦の海に沈む果実」の終盤で覚醒(?)… このレビューの続きを見る

3.4

黄昏の百合の骨

22:09:By OKULO

 びっくりした。高校時代、大学前半期とあれほど楽しんで読んでいた恩田陸を楽しめなくなっていた。この『黄昏の百合の骨』は『麦の海に沈む果実』の続編に位置づけられる作品だという。それは二年くらい前に楽し… このレビューの続きを見る

「麦の海に沈む果実」の続編っぽい物語。 「麦の〜」の主人公理瀬のその後が描かれています。 ストーリーは、祖母が亡くなり、祖母の家に 血の繋がっていない叔母二人と住むことになった少女理瀬の物語。 途… このレビューの続きを見る

おもしろい!! 久々に一気読みしました。 恩田陸が講談社文庫で出してる 「三月は深き紅の淵を」 「麦の海に沈む果実」 「黒と茶の幻想」上下 は、それぞれにリンクしています。 単独でも読めますが、今… このレビューの続きを見る

ダークヒーロー(またはヒロイン)誕生系のストーリーは苦手。光と闇の境目を迷い、光の側に惹かれつつ身の内にある何かがどうしようもなく闇に呼応して堕ちて行く・・・という展開に同調できなくて。 その意味で本… このレビューの続きを見る

「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り、家は処分してはならない」――イギリスに留学していた高校生の理瀬は、亡き祖母の遺言により帰国、幼いころに暮らしていた洋館に住むことに。 ユリの香がた… このレビューの続きを見る

 評価は定価通り。   水野理瀬が主人公の『麦の海に沈む果実』の続編。ただし、前作と今作では同一人物とは思えないほど水野理瀬が成長している。ファンタジックだった前作よりも少し俗っぽく、そしてミステリとしてきちんと筋が通っているが、敢えてファンタジックな作品世界に徹した方が面白かったかも。  何やらまだまだ続編が出そうな終わり方だったので、今後に期待。

黄昏の百合の骨

21:55:By 物狂い

ちょっと、そこなお姐さん 「黄昏の百合の骨」が文庫落ちしてましたわよ! 本屋で絶叫していてきました。 私は…我慢できずにハードカバーで買ったからさ〜

関連する商品