DB Error: connect failed 十角館の殺人 <新装改訂版> - 綾辻 行人 のレビュー全30件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

十角館の殺人 <新装改訂版>

おすすめ!3.8 [3.8](30件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:2527位
  • Amazon価格:¥ 810
  • ユーズド価格:¥ 350
  • ISBN/ASIN:4062758571(講談社)
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(30件) 3.8 [3.8]

ミステリ小説の推薦図書を 紹介しているサイトを眺めていたら、 かなりの割合で出てくるこのタイトル。 王道はやはり面白いんだろうと思い、借りてみた。 いやー、これは面白い。 今まで何冊ぐらいミステ… このレビューの続きを見る

十角館の殺人

19:31:By レビューの街

記念すべき最初のレビューは綾辻行人先生の「十角館の殺人」です。   簡単にあらすじを紹介します。 十角形の奇妙な館が建つ孤島を大学のミステリ研の七人が訪れました。 その館を建てた建築家・… このレビューの続きを見る

読みかけの本。

19:35:By cherish*

 キング誕生は読みました十角館の殺人は登場人物の名前がカタカナで挫折サファイアは相変わらず読みやすい。面白い。読んでる途中

買った本。

10:12:By cherish*

視力が落ちてしまって読書もつらい。泣きそう。

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末… このレビューの続きを見る

十角館の殺人

15:16:By SATELLITE TOWN

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 【綾辻行人 講談社文庫】 新装改訂版が出ていたんですねえ。 私が持っているのは前の文庫版なのでどう変わっているのか気になるところです。 表紙も新装版の方がミステリっぽ… このレビューの続きを見る

  昨日、急に思い立って読み返しました! こう、一気にページをめくってすっきりしたい気分になって。 綾辻さんの作品はAnotherが初めて。それから「殺人鬼」のスプラッタ具合にくじけそうになり(結局えぐす… このレビューの続きを見る

3.8

十角館の殺人

19:28:By ドラマチック

JUGEMテーマ:読書感想文  ひっさしぶりに本格ミステリーを読みました おもしろかったです。 綾辻行人の、古い名作ミステリーと その作家たちへの敬意が感じ取れる作品でした。 ベタだけど読者を飽きさ… このレビューの続きを見る

人を狂わす十角形の家。 『十角館の殺人〈新装改訂版〉』 綾辻行人 海堂さんは一旦お休みして、綾辻行人さんに初挑戦! 思ってたよりもすごい読みやすくてびっくりしました^^笑 今ミステリーがマイブー… このレビューの続きを見る

僕がどっぷり小説にはまるきっかけとなった一冊です。後半に出て来るたった一行で、それまで読んでたものと世界が一転します。まさにどんでん返し!今までにどんでん返しものを読んできましたが、この作品を超える… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 正統派ミステリー。 犯人がわかる瞬間の「おぉっ」という読者へのインパクトの為に すべてのプロットが集約しているような、そんな印象。 全体のトーンは割と淡々としている感じがします。 衝撃をうける程ではないですが、面白かったです。

JUGEMテーマ:小説全般           十角館の殺人  綾辻 行人 著      ネタバレあります。  ご注意くださいm(__)m

十角館の殺人

17:34:By Sucre-Livre

<あらすじ>十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を立てた建築家。中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生達を襲う連続殺人。(裏表紙より)<感想>も… このレビューの続きを見る

十角館の殺人

19:10:By 三文感想文

JUGEMテーマ:ミステリ 孤島で大学生が一人ずつ殺されていくお話。 油断してると結構あっさり死ぬぞ!! 読み終わってから、ちゃんと犯人考えて読めば良かった……と後悔。

JUGEMテーマ:ミステリ 年末の「暗黒館の殺人」からはまった綾辻行人作品、続々と読んでおります。なんせ記憶力が乏しいものですから、次々読むと感想すらかけなくなる始末。著者デビュー作にあたる十角館の殺… このレビューの続きを見る

3.8

十角館の殺人

19:44:By 人魚の本棚

 ミステリはどちらかというと苦手。読むのは好きなのだけど、一度読んだだけではなかなか理解できず、何度もページを巻き戻りながら読むから。自分に理解力がないのかしらと若干心配になりつつ手にした初綾辻… このレビューの続きを見る

十角館の殺人

08:12:By 猫の猫背

 JUGEMテーマ:読書十角館の殺人十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したというやがて学生たちを襲う連続殺人なんや… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般  ミステリーもの大好きです。その中でも弟に紹介され私のミステリー入門編になったのがこちら綾辻行人の「館シリーズ」。 これでミステリーのいろはを学んだようなもんです。 とにかく… このレビューの続きを見る

 以前から書店に向かうとよく目にしていた「綾辻行人」の文字(誤字失礼)。最初の“綾”と最後の“人”を抜くと綾人となります。昔見たアニメ、ラーゼフォンの主人公の名前で、このアニメに非常に感動したので個… このレビューの続きを見る

ご推薦ありがとうございました

3.8

十角館の殺人

02:09:By ◆Ruri+Hari†◆

十角館の殺人 綾辻 行人 講談社ノベルス/文庫 館シリーズ第1弾。 なんかもう「凄い」の一言しか出てこない凄い作品でした。 ミステリを読むとき、 私の場合きっちり推理しながら読めることは中々あり… このレビューの続きを見る

ただ一行によって、世界は流転し常識は反転する。 こちらの作家さんは、私のいちばん好きな方です。 実は初読はコレでなく、別シリーズの『緋色の囁き』という作品でした。 だけどやっぱり『綾辻初心者★』… このレビューの続きを見る

「十角館の殺人」(綾辻行人) それは追悼か、冒涜か…。 半年前、凄惨な四重事件の起きた九州の孤島・角島に足を踏み入れた大学ミステリ研の7人。 島に聳え立つ「十角館」で起こる連続殺人事件が彼らを襲う!! … このレビューの続きを見る

----- 半年前、凄惨な四重殺人の起きた九州の孤島に、大学ミステリ研究会の7人が訪れる。島に建つ奇妙な建物「十角館」で彼らを待ち受けていた、恐るべき連続殺人の罠。生きて残るのは誰か?犯人は誰なのか? -… このレビューの続きを見る

大好きな推理小説だけど、 二度目を読んだのはこれが初めて。 ホントにこれはおもしろいと思う。 特に、新装改訂版のあの一行。 犯人知っているのに楽しめた。

3.8

十角館の殺人

08:23:By Rapunzel*

やっぱり今更読んでます綾辻氏のデビュー作。 と、感想の前に私の読書する上でのパターンなんてのを説明しておこう。 基本的に、主人公がはっきりしないと少々オロオロします。 一人称で進む作品や三人称書きで… このレビューの続きを見る

大学のミステリ研究会の学生が大勢出てきて、互いに妙なニックネームで呼び合いながら、子供じみた会話をしているという状況が多かったため、中盤あたりまではあまり面白いと思いませんでした。というか、島にいる… このレビューの続きを見る

王様に借りて面白かったミステリー。 なんか、借りたものはミステリーばっか。 好きだからいいけど。 さて、今回は綾辻行人さんの「館」シリーズ。 デビュー作でもある館シリーズの1作目がこちら↓

 大分の沖に浮かぶ角島。そこは異端の建築家中村青司が十角館なる邸宅を残した孤島。半年前に連続殺人の舞台となった角島は、K**大学のミステリ研究会のメンバー7人が訪れたとき、ふたたび悲劇の島へと姿を変えた… このレビューの続きを見る

「十角館の殺人」(綾辻行人)の改訂版を読みました。 あとがきで綾辻行人曰く、 「本書をもって『十角館の殺人』の決定版とするつもりでいる」 とのことです。 ハードカバーの本が文庫化された時や、改訂… このレビューの続きを見る

関連する商品