DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 新装版 限りなく透明に近いブルー - 村上 龍 のレビュー全6件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)
新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

新装版 限りなく透明に近いブルー

おすすめ!3.5 [3.5](6件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:ペーパーバック
  • Amazonランキング:9821位
  • Amazon価格:¥ 443
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062763478(講談社)
新装版 限りなく透明に近いブルー (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(6件) 3.5 [3.5]

JUGEMテーマ:読書  ここのところ空前に忙しいと言いつつ、あまり溜めずに早めの更新で昨日のことを書くスタイルにしているわけですが、かつてほどアクセスは伸びません。  といいつつ昨日ですが、ちょっと… このレビューの続きを見る

リリー、俺帰ろうかな、帰りたいんだ。どこかわからないけど帰りたいよ、きっと迷子になったんだ。もっと涼しいところに帰りたいよ、俺は昔そこにいたんだ、そこに帰りたいよ。リリーも知ってるだろ?いい匂いの… このレビューの続きを見る

限りなく透明に近いブルー / 村上龍 全ては自ら発光している、らしい。 こんな世界にはついぞ縁がないので、共感はしない、というか、はっきり言えばわけわからない。 性行為をスポーツのように扱う描写がだいっ… このレビューの続きを見る

 村上龍は途方もない取材量がうかがえる文章で、知的好奇心を満足させてくれるところが好きで、これまでいくつか読んだ。「限りなく透明に近いブルー」、名前は知っていたけど読んでいなかった一冊。書店で新… このレビューの続きを見る

 連休中の読書。山田正紀といえば、高校時代SF少年だった我々にとっては『神狩り』のヒトだった。彼の多彩な才能はSFにとどまることなく拡散してゆき、ミステリとか推理小説とかにも傑作を残していった。とい… このレビューの続きを見る

タイトルがすでにかっこよすぎ。 「限りなく透明に近いブルー」 もともとは違うタイトルだったみたいですが、僕にとってはこのタイトルでよかった。 しかもこの装丁でなければ即買いしてなかったかも。 強烈なインパクトのある内容だけど、どこかフワっとしている。 ドラッグに溺れて明日を見ていない青年リュウに視点を合わせてみようとするけど、 どこかぼんやりして捉えきれない。

関連する商品