DB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failedDB Error: connect failed 獣の奏者 1闘蛇編 - 上橋 菜穂子 のレビュー全32件 JUGEMブログ

>
[Amazon] 獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

獣の奏者 1闘蛇編

おすすめ!3.9 [3.9](32件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:11968位
  • Amazon価格:¥ 679
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062764466(講談社)
獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(32件) 3.9 [3.9]

 本屋大賞作家、上橋菜穂子の名作『獣の奏者』を読み始めたら、あまりに面白くて止まらない。 子供向けの青い鳥文庫で読んでいるのですが、テレビよりもゲームよりもネットよりも読書が勝つという体験を久々… このレビューの続きを見る

表紙の影は何だろう?と思ってたんだけど王獣か。大きいなぁ。 エリンがこの王獣リランと今後どう付き合っていくのか。 の、前に闘蛇編なわけだけど、この闘蛇もよくわからないのよね。 霧の民の秘技?である獣を従わせる力。一族継承の力。そして霧の民。 エリンは今後彼らと接点を持つのかしら?次は王獣編。

リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母… このレビューの続きを見る

3.9

めもめも

23:37:By 六角形の日記帳

JUGEMテーマ:自分が読んだ本 今更なのでメモ程度に。 現在は歴史本の途中。 伊藤計劃 The Indifference Engine 短編集。伊藤らしい世界ばりばり。 表題は虐殺器官のスピンオフ。 らしいんだが記憶が… このレビューの続きを見る

 さらっと第一章を読んだだけで「これはヤバい」と思える小説を久々に読んだ。これまで上原菜穂子のファンタジー「守り人」シリーズについて書いたが、格段に「巧く」なっている。小説ってすごいなぁ、小説家… このレビューの続きを見る

3.9

「獣の奏者」

19:30:By A cup of tea♪

 現在教育テレビでもアニメを放映中の「獣の奏者」!ミントが読んでいたので読ませてもらったら、おもしろかった!とにかく一気に読み終わってしまいました。ファンタジーの世界の中にも、リアリティーがあって、… このレビューの続きを見る

生あるものが、どうしてそのようなのかが知りたい。そんな少女の物語。 『獣の奏者 ?闘蛇編』 上橋菜穂子 数年前にNHKでアニメ化されていた作品です。 アニメは家族で見ていたんですけど、 本を読むと、… このレビューの続きを見る

 友人との約束が急遽延期になったので、 (普段の通勤では使わない)駅近くの本屋に入る。 最近の話題書だけでもパラパラ立ち読みしてさっさと帰ろう、と思いきや… がーん。またしても読んでしまった。 しか… このレビューの続きを見る

 『獣の奏者』 読みました。王獣編までですが、おもしろかったです。ファンタジーとか少女とか獣とか言うから、どうせ十二国記の二番煎じだろうとあなどっていたがそうでもなかった。人間が自分たち以外の動… このレビューの続きを見る

いろいろ、話題になっていたのですけど、やっと読みました。まずは、その序章。 わたし、ファンタジーは読まない(読めない)と思っていたのですが、これは、すっと入りこみました。というより、すごい作品を読んで… このレビューの続きを見る

というフェアをやっているそうで、思わず対象の「東の海神 西の滄海」(小野不由美著/十二国記シリーズ)を買ってしまいました。思いきって手放した過去の私の覚悟はどこへ。また集めるのか。また嵌れと。「続きは… このレビューの続きを見る

こんにちは、MISです。何がって? 「獣の奏者」です(笑)文庫本です。まだ完結編までいってないみたいなので、楽しみながら読みたいなと思います。NHKのアニメ、「獣の奏者 エリン」をたまたま家族が観ていたの… このレビューの続きを見る

 あらすじリョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得た… このレビューの続きを見る

18:47:By Shadow color

最近読んだ本を2つ。 バッドはグロい…なのに読んじゃう…!っていう不思議な力がありました。狂った女の子と狂った主人公と狂った登場人物で成り立っている話です。 もう1つ、獣の奏者はスラスラと読めてしまう本… このレビューの続きを見る

獣の奏者

10:55:By duffer日記

 まずは一巻の闘蛇編と二巻の王獣編を文庫にて。三巻探求編と四巻の完結編はまた文庫化されるまでのお楽しみにとっておくことに。本来は王獣編で完結しているので、一応は問題なし。教育TVでアニメ化されてい… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 霧の民の血をひくエリン。数奇な運命を辿る少女の物語… 面白かった。守り人シリーズも面白いけど、こちらの方が要点がまとまっていてぐっと引き寄せられる。自分の中ではファンタジーという括りじゃない。

久久に、素晴らしく完璧で、そして暖かみのある本と出会った。一気にII王獣編まで読みましたが、読んでいる最中の没入感の素晴らしさ!見知らぬ世界や動植物にヒロインであるエリンと共にワクワクし、知的好奇心と… このレビューの続きを見る

獣の奏者

19:59:By longlongcake

終章は昼に食堂で読んでいて危うく涙がこぼれるところでした。3、4巻はいつ文庫になるのかなぁ。待ち遠しいです。

獣の奏者エリン

20:22:By icono pic

もうひとつ、大きなうねりが欲しかったような。

JUGEMテーマ:日記・一般 お正月、楽しみだったのが 『獣の奏者エリン』の一挙放送。 三日連続を早起きして親子して見ましたわ〜。 最初は、娘が見ていたので 何気なく一緒に見始めただけだったのに どんどんス… このレビューの続きを見る

文庫化された時にすぐ読んだのだが、先日アニメが円満終了して、正月には総集編もあるということでこのタイミングに(苦笑さすがの上橋さんの作り上げられた世界観は見事。エリンはアニメより原作の方が大人っぽい感じかな。

3.9

獣の奏者 ...上橋菜穂子

23:55:By

おもしろすぎて、一気に読み終えてしまった。これも後輩がふと貸してくれた本。オススメらしい。とにかく借りた本を返すことに執念を燃やしていてふと手に取ったのだけど、あっというまに読み終えてしまってびっく… このレビューの続きを見る

3.9

62、63冊目

13:55:By ただの日記

 

 10月は上橋菜穂子月間な感じの私の読書でしたが、『神の守り人』に引き続いて『獣の奏者』も読みました。単行本では同時期に完結編まで発行されましたが、まずは文庫になった「闘蛇編」と「王獣編」を。やっ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:活字中毒〜読書記録〜 4部作の前半「闘蛇編」と「王獣編」が文庫化されたので迷わず購入! 上橋さんの作品は「守り人」シリーズも読んでいたので、新しい本に出会えてワクワク。 決して人と心が通… このレビューの続きを見る

獣の奏者

02:15:By 象亀庵(仮)

この本はファンタジーが苦手、という人にはオススメの一冊(二冊)。 読んだ後で知ったが、最近3巻、4巻が出たそうで、それを作者が書いた経緯は、 2巻の巻末にあるので、ここでは割愛。 (1)闘蛇編 エリンは母… このレビューの続きを見る

    講談社から出ている大作ファンタジー小説「獣の奏者」です。 「上橋菜穂子」著、全4巻。 シリアス一辺倒だから楽しいとか笑えるとかはほとんどありませんが、 やはりテーマ性のある物語は面白いし色々と考… このレビューの続きを見る

あらすじ: 獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、その責任を問われた母は処刑されてしまう。孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、山… このレビューの続きを見る

 「獣の奏者」 上橋菜穂子 著 大国の中で、生き物への興味を強く持つ少女エリン。その謎を追う内に隠された歴史・国の陰謀の渦に否応なく巻き込まれていく― 精霊の守り人シリーズで有名ですね。上橋さん。 … このレビューの続きを見る

文庫化するのを楽しみに待ってました! さらに嬉しいサプライズで、続編が出版されたとのことで、こちらは即・図書館に予約。まずは文庫(こちらは購入)を再読しました。 この作品、4月からNHKでアニメ化されたけれど… このレビューの続きを見る

  「守り人」シリーズの上橋菜穂子の作品、文庫化を機に「闘蛇編」「王獣編」2冊同時に購入。各巻にタイトルがついてはいるが、ひとつながりの物語で、上下巻と思ったほうがよい。 舞台はどことも知れぬ異… このレビューの続きを見る

獣の奏者 I 闘蛇編 上橋菜穂子 講談社/講談社文庫 獣の奏者第1弾。 獣とそれを操る人の話。 生まれた村では母子ともに疎外され、挙句に母を処刑され という過酷な状況を生きる主人公エリン。 この境… このレビューの続きを見る

関連する商品