>
[Amazon] 風の中のマリア (講談社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

風の中のマリア (講談社文庫)
風の中のマリア (講談社文庫)で自分のブログにレビューを書く

風の中のマリア

おすすめ!3.8 [3.8](8件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:12060位
  • Amazon価格:¥ 605
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062769212(講談社)
風の中のマリア (講談社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(8件) 3.8 [3.8]

ハチの世界の話をうまく描写した迚も面白い世界 宿命や死闘のあたりから面白くなる 動物心理や人間心理 共通するところもあるみたいだな 永遠のゼロを観る前にこちらを読むのも乙なものかなと思う

JUGEMテーマ:読書 隆盛を極めたオオスズメバチの帝国に生まれたマリア。彼女は30日間という命の期限の中で、帝国を築き上げた『偉大なる母』のために戦い続けていた。 激しい戦闘を潜り抜け、戦士としての名… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説/詩 永遠のゼロが映画化になったため、番組で作者が色々紹介していました。 で、一番気になったのが風の中のマリア。 擬人化したという訳ではなく、本当に蜂目線での話を書かれていて面白か… このレビューの続きを見る

 一言にスズメバチとひとくくりにしていたけれど・・・スズメバチにも・・・オオスズメバチ、キイロスズメバチコガタスズメバチなど・・・種類があるとは 知りませんでした。この物語は オオスズメバチのマ… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書以前から読んでみたいなと思っていた作者さんなのですがやっと手をだしてみました。うん、これは有名になるわけですね。読みやすい、面白い、ひきこまれる。「海賊と呼ばれた男」や「永遠の0」な… このレビューの続きを見る

 すごいぞ、百田。すごいぞ、この本。闘うハチの文学本です。そもそも虫関係が苦手ゆえ知識もぜんぜんないわけで。「みつばち・ハッチ」くらいしか知らなかったのだけど。こうやって読んで学ぶと「やみくもに… このレビューの続きを見る

【あらすじ】 オオスズメバチのワーカー(ハタラキバチ)であるマリアは、帝国の優秀な戦士であった。偉大なる母、そして、幼い妹たちのため、日々狩猟のため各地へと赴き、獲物を狩っては肉団子として巣に持ち帰る… このレビューの続きを見る

私は闘うために生まれてきた 『風の中のマリア』 百田尚樹 ハチが主人公のお話ってどんなのだろーって思ったら、 がっつりハチが主人公でびっくりしました…^^; しかもなんだかリアル… 百田さんって実… このレビューの続きを見る

関連する商品