>
[Amazon] 刀語 第八話 微刀・釵 (カンザシ) (講談社BOX)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

刀語 第八話 微刀・釵 (カンザシ) (講談社BOX)
刀語 第八話 微刀・釵 (カンザシ) (講談社BOX)で自分のブログにレビューを書く

刀語 第八話 微刀・釵

3.1 [3.1](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:173823位
  • Amazon価格:¥ 1,188
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:406283636X(講談社)
刀語 第八話 微刀・釵 (カンザシ) (講談社BOX)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 3.1 [3.1]

姉・七実との死闘を経て、名実共に日本最強となった七花と、伝説の変体刀を七本まで蒐集した奇策士・とがめは江戸の奥地に広がる人外魔境の異界・不要湖へと足を踏み入れる。“敵”か、“味方&rdquo… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 ★★★☆ (3.5/5) あらすじ 姉・七実との死闘を経て、名実共に日本最強となった七花と、伝説の変体刀を七本まで蒐集した奇策士・とがめは江戸の奥地に広がる人外魔境の異界・不要湖へと足… このレビューの続きを見る

刀語 第8話

13:26:By 書痴記録

JUGEMテーマ:読書  敵は今度は人形。というか、人形が刀。にんぎょうがにんぎょう。ああ、意味がない。 しかし、江戸がそういう事になっているという、この嘘歴史の素敵っぷり。 更に、オートマータな日和号ってば。

3.1

刀語 第8話

03:27:By day to day

姉・七実との死闘を経て、名実共に日本最強となった七花と、伝説の変体刀を七本まで蒐集した奇策士・とがめは江戸の奥地に広がる人外魔境の異界・不要湖へと足を踏み入れる。“敵”か、“味方”か!?-とがめたちを揺さ… このレビューの続きを見る

どうでもいいことだけど なんでamazonに載る題名って統一されてないんだろ。 あっという間に8話です。 ねーちゃんがラスボスかと思いきや、なんか結構強いのがうようよしてて 先が気になるところです。… このレビューの続きを見る

否定姫登場! ……って、メインはあのOOなんじゃ!?\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 相変わらず楽しく読ませてもらいました。 それにしても世界観が一気に変わりましたなぁ。 そっか、その手があったか! JUGEMテーマ:読書

第八巻。 一巻から比べると、ずいぶん七花が人間っぽくなってきてるなぁ 後、とがめとどんどんらぶらぶにw いちゃいちゃw 否定姫登場したけど あれはとがめと対になってんのかな? 髪、眼、着物とか……。 色々ややこしいことになかけてますが、後四巻で全部解決できんですかね?

七本の刀の蒐集を終え、尾張へ戻ってきたとがめと七花。とがめの敵である否定姫から変体刀の情報がもたらされる。次なる舞台は江戸・不要湖。刀は微刀・釵(かんざし)、対戦相手は不要湖を守護する日和号!さて、八… このレビューの続きを見る

またまた電車の往復プラス1時間で読み終わりました。 感想は。。 思わぬキャラ(右衛門左衛門)がキャラ立ちし始めました。。 セリフの言い方カッコ良しですな。 否定姫はまだまだこれからか。 刀集め自体… このレビューの続きを見る

関連する商品