>
[Amazon] 落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)
落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)で自分のブログにレビューを書く

落語の国からのぞいてみれば

おすすめ!3.3 [3.3](3件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:473946位
  • Amazon価格:¥ 814
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4062879476(講談社)
落語の国からのぞいてみれば (講談社現代新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(3件) 3.3 [3.3]

 落語の国からのぞいてみれば 著者 : 堀井憲一郎

落語

10:39:By 学(ぼ)ぶログ 

 最近めっきり落語を聞いていない。音声でipodに入っているものの、やはり聴衆と演者との関係性が落語の醍醐味。ということで、リハビリがてら読んだ本。・・・・なんだか、すごく落語が聞きたくなった。こっちにいるので、上方落語を聴きにいこうと思う。

【8月読んだ本】 落語から垣間見える「江戸時代っ子」の暮らし。 「個性」が大事な世の中がきゅうくつに思えてくる。 「個性が大事」というけれど、そんなに自分が大事かよ、と。 共感する部分、非常に多し。「死ぬもの貧乏」なんだから、気楽に生きよう。

関連する商品