>
[Amazon] 愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか (講談社現代新書)
愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか (講談社現代新書)で自分のブログにレビューを書く

愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか

2 [2](1件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:新書
  • Amazonランキング:26217位
  • Amazon価格:¥ 907
  • ユーズド価格:¥ 573
  • ISBN/ASIN:4062884011(講談社)
愛と狂瀾のメリークリスマス なぜ異教徒の祭典が日本化したのか (講談社現代新書)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(1件) 2 [2]

2

沈黙

22:51:By たとえば

「そもそも、日本ではここ数十年、クリスマスは恋人たちの日である、とされている。 まったくその意味がわからないのだが、ただ、それがキリスト教から大きく逸脱している ことだけはわかる。そのルーツを探… このレビューの続きを見る