>
[Amazon] チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニ...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニング)
チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニング)で自分のブログにレビューを書く

チェーザレ 破壊の創造者(7)

おすすめ!3.3 [3.3](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:コミック
  • Amazonランキング:53751位
  • Amazon価格:¥ 812
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4063757501(講談社)
チェーザレ 破壊の創造者(7) (KCデラックス モーニング)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.3 [3.3]

「これは今宵最後の人としての名残だ」 特に乱れもなくコンスタントに掲載されているようなので安心して読めます。原作が未翻訳とは言え一応チェーザレ・ボルジアの物語は世に出回ってはいるわけで、どうしても気… このレビューの続きを見る

チェーザレ

23:18:By 読めば読むほど

レンタル本 チェーザレの縦ロールの美しさに嫉妬(笑) 毎朝ミゲルが巻いてたら、と友達からのメールでフイた。 そんなミゲルの目つきの悪さが巻を重ねるごとに悪くなってる 気がする←褒めてる(笑) 7巻巻頭カラーが色鉛筆うのような水彩画のような美しさだった。 8巻ではアンジェロが大人の階段をのぼった。そんな彼に乾杯!

帯に「カノッサの屈辱」という言葉が見えたので、一瞬「あれれ、ちょっと時代が違う?」と思ったら、過去に起こったこととしてこの事件について登場人物がストーリー内で考察するんだったのですね。 降誕祭で司… このレビューの続きを見る

ということで、久しぶりに新刊購入マンガをご紹介。といっても、この夏は忙しくてなかなか新規開拓できなかったですね〜。面白いマンガありましたら、オススメしてください。『オクターヴ』3巻/秋山はる:アフタヌ… このレビューの続きを見る

昔、少女漫画を描いていた頃も好きな作家ではあったが、この「チェーザレ」を描いたことで惣領冬実は新たな境地に立っていると思う。最早、ただの「漫画」と称していいものか、それさえ躊躇われるほど重厚で中身が… このレビューの続きを見る

 「チェーザレ」7巻読了。 新刊が出るたび。 よくここまでストーリーが練ってあると。 感心しながら読んでます。 絵にしても。 当時の状況を復元するよう試みていて。 きっとすごい作業なんだろうなあ。 今… このレビューの続きを見る

『 チェーザレ 破壊の創造者 』 7巻継続中 2007.11.24 に第4巻 2008.08.04 に第5巻 2008.11.24 に第6巻 の感想を書いてます。 今回はちょっとインターバルが開いて 前回に『今後、次巻から話が急速に流… このレビューの続きを見る

giovedì, il 27 ottobre 2009 sono le ventidue e quarantadue  7巻のメインテーマは、教皇と皇帝に関する二元論についてでした。教皇派(Guelfi)と皇帝派(Ghibellini)の対立… このレビューの続きを見る

チェーザレ 7

21:50:By ソラユキ

惣領さんのマンガは、少女マンガを書かれている時には読んだことすらなかったのですが、その後「ES」とこの作品を読ませてもらっています。   このマンガは芸術作品だと思う。 何というか、観客への見せ… このレビューの続きを見る

 新刊二つ。 ★Do Da Dancin’! ヴェネチア国際編 6 バレエマンガです。 遅咲きプリマの主人公は、すぐ気弱になる。 今回ようやく独り立ち・・・なのかな? この後に大きな波がくるんだと思います。 今回はそ… このレビューの続きを見る

関連する商品