>
[Amazon] 鬼舞―見習い陰陽師と災厄の薫香 (コバルト文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

鬼舞―見習い陰陽師と災厄の薫香 (コバルト文庫)
鬼舞―見習い陰陽師と災厄の薫香 (コバルト文庫)で自分のブログにレビューを書く

鬼舞―見習い陰陽師と災厄の薫香

おすすめ!3.8 [3.8](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:65190位
  • Amazon価格:¥ 555
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4086016397(集英社)
鬼舞―見習い陰陽師と災厄の薫香 (コバルト文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 3.8 [3.8]

やっぱりおもしろいな、と。理性をなくした吉平さまはめっちゃ強いんですねー。 吉昌さま、大天才と天才を間近で見てきたのか…。 イラスト:星野和夏子さん

<あらすじ> 鬼に襲撃された陰陽寮の修復も済み、日常を取り戻しつつあった道冬。 しかし、またしても新たな事件が起こり・・・。 鬼舞6巻です。 シリーズものですので、ネタバレにご注意を。 これまでの… このレビューの続きを見る

 シリーズ六巻目。  ニューヒロイン・トノサマガエルに嫉妬する元祖ヒロイン・畳にふき、行近の謎がわりとあっさり判明したと思ったら、オールスター感謝祭と呼ぶべき御所での騒乱に色々と持って行かれました。 … このレビューの続きを見る

従者の行近の正体が明らかに!!道冬の父、蘆屋道満の式神だったんですね。元は人間だったけれども、死にかけていたところを道満に拾われ、彼の式となることで命を繋いだそう。人間じゃなかった彼、今回は痛いシー… このレビューの続きを見る

関連する商品