>
[Amazon] エンド・アステリズム―なぜその機械と少年は彼女が...

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

エンド・アステリズム―なぜその機械と少年は彼女が不動で宇宙の中心であると考えたか (集英社スーパーダッシュ文庫)
エンド・アステリズム―なぜその機械と少年は彼女が不動で宇宙の中心であると考えたか (集英社スーパーダッシュ文庫)で自分のブログにレビューを書く

エンド・アステリズム―なぜその機械と少年は彼女が不動で宇宙の中心であると考えたか

おすすめ!4 [4](1件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:868366位
  • Amazon価格:¥ 3,285
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4086307081(集英社)
エンド・アステリズム―なぜその機械と少年は彼女が不動で宇宙の中心であると考えたか (集英社スーパーダッシュ文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(1件) 4 [4]

家出少年がその道中で、突如として渋谷に現れた機械の化物の報を見聞きすることから幕を開ける、巨大ロボットモノ。 巨大ロボットのフィクションといえば、日本人でアンケートを行えばガンダムかエヴァがまず挙が… このレビューの続きを見る

JUGEM編集部おすすめ商品