>
[Amazon] ジャージの二人 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ジャージの二人 (集英社文庫)
ジャージの二人 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

ジャージの二人

おすすめ!3.3 [3.3](15件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:377936位
  • Amazon価格:¥ 463
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087461181(集英社)
ジャージの二人 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(15件) 3.3 [3.3]

JUGEMテーマ:読書JUGEMテーマ:小説全般  仕事をやめて小説家を目指す僕は。執筆活動も進まず、妻は人生最大の恋とやらに出会って奮闘中。 父親はどうやら3度目の結婚もうまくいっていないらしい。 そんな… このレビューの続きを見る

3.3

ジャージの二人

18:03:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 芥川賞作家のアンチ・スロー小説。 失業中で小説家志望の息子。妻はよその男と恋愛中。三度目の結婚生活も危うそうな、写真家の父親。そんな二人が軽井沢の山荘で過ごす、とりとめのない夏の終… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:最近読んでる本  <登場人物> 三回目の結婚もあやうい父と、妻の浮気を公認(?)してしまっている・しかも失業中の息子 <あらすじ> 軽井沢の別荘で過ごすある夏のひととき ↑の内容からほぼ予… このレビューの続きを見る

すごくおもしろい。 羽海野チカもいっていたけれど 固有名詞のつかいかたがとてもうまい。 (柴崎友香の解説も言い得て妙。) 表紙は映画バージョンより nakabanバージョンのほうが いいと思う。。

まとめててすと

ジャージの二人 / 長嶋 有 この夏、新しい(?)、夏休みの過ごし方の参考書になる・・・? ワケあり親子の脱力系スローライフ物語。

【あらすじ】 父は、三度目の結婚が危うそうな写真家。 息子は、失業中で妻に浮気されている男。 そんな2人は夏のあいだだけ、軽井沢の別荘で共同生活を送ることにした。 【感想】 映画化されるということ… このレビューの続きを見る

 やっと見てきました 公開してから時間が経っているので、映画館はガラガラかと思いきや、 席はかなり埋まっていて驚いた 大体どんな内容なのか知っていたけれど、友達は物足りなかった様子 私は結構満足し… このレビューの続きを見る

長嶋さんの本は、好物です。 眠くて、眠くて、何か知らないが、これを読んでいる間中、 ひたすら眠かった。 トラックとか、押入れの小さい部屋とか、ジャージとか、とにかく すべてが白熱灯の世界で。 ふいに自然光が木漏れ日で差し掛かる。 光度というか、光の具合というか、とにかくその印象が強い。 ゆるく愉快。 追記: 2008/7/1 映画になるらしい。

現在出てる長嶋有の文庫はこれで最後かなぁ?? 奥さんの思考がイマイチ理解不能ですが、これもひとつの行動様式なんだろうか。 奥さんが別れた?不倫相手のことを悪し様に言うのを、 主人公はなんとなく納得いかない気がしてしまう…ってのはわかるなぁ。 私は一読した本はあまり読み返さないんだけど、 長嶋作品はホント何度でも読み返したいなと思います。 噛めば噛むほど味が出る。

 何というか、物凄く脱力系。  登場人物は問題を抱えているけれど、それをひとまず置いといて別荘にやってきて、日々を過ごす。  彼らは問題を解消しに来たわけではなくて。  葛藤はあるにしろ、どこか飄… このレビューの続きを見る

 評価は800円。  55歳ぐらいの父と30歳ぐらいの主人公が、山の中のぼろい別荘で夏休みを過ごすおはなし。  登場人物から小説の展開まで、何もかもがものすっごいゆる〜く書かれています。田舎小説という感じで、ある意味で正しい夏休みの過ごし方なんじゃないかと思いました。  という感想以外何も感じなかったのは、空疎ともいえるでしょうが、それはそれで味わいといえるのかもしれません。

3.3

ジャージの二人

21:00:By 月まぐれ

長嶋有さんの本、初めて読みました。 何というか、いいですよね。怠けたいというんじゃなくて、ラフな格好でだらーっとしたくなるような。目的意識もなく、ただ過ごすだけでいいというような。 いい意味で、肩の… このレビューの続きを見る

失業中で小説家志望の息子。妻はよその男と恋愛中。 三度目の結婚生活も危うそうな、写真家の父親。 そんな二人が軽井沢の山荘で過ごす、とりとめのない夏の終わりの思い…。 「普通」の「家族」の距離感を描く… このレビューの続きを見る

関連する商品