>
[Amazon] プリズンホテル 4 春 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

プリズンホテル 4 春 (集英社文庫)
プリズンホテル 4 春 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

プリズンホテル 4 春

おすすめ!4 [4](4件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:98549位
  • Amazon価格:¥ 759
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087473783(集英社)
プリズンホテル 4 春 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(4件) 4 [4]

 【あらすじ】 人気極道作家の木戸孝之介が文壇最高権威である「日本文芸大賞」の候補になった。しかも、2作品同時にである。しかし、孝之介は喜んでばかりもいられなかった。義母である富江が、これでもう… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書  いよいよ最終巻。 その、最も成長しない男、小説家の話である。 後は、元ヤンキーのドアボーイとその担任、その元教え子の舞台女優、舞台女優の娘と元ヤンキーの恋という四角形。小説… このレビューの続きを見る

義母の富江は心の底から喜んだ。孝之介が文壇最高の権威「日本文芸大賞」の候補になったというのだ。これでもう思い残すことはない…。忽然と姿を消した富江。その行方を気に病みながらも、孝之介たちは選考結果を… このレビューの続きを見る

浅田次郎大先生(バカ丸出し)の「プリズンホテル」と言う小説がある。 それは全4作となっていて、夏・秋・冬・春と言う構成となっている。 今回わたしが紹介するのは、最終章となる「春」である。 わたしはま… このレビューの続きを見る

関連する商品