>
[Amazon] 蘆屋家の崩壊 (集英社文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

蘆屋家の崩壊 (集英社文庫)
蘆屋家の崩壊 (集英社文庫)で自分のブログにレビューを書く

蘆屋家の崩壊

おすすめ!3.6 [3.6](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:224263位
  • Amazon価格:¥ 576
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087474259(集英社)
蘆屋家の崩壊 (集英社文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3.6 [3.6]

定職を持たない猿渡と小説家の伯爵は豆腐好きが縁で結びついたコンビ。伯爵の取材に運転手として同行する先々でなぜか遭遇する、身の毛もよだつ怪奇現象。飄々としたふたり旅は、小浜で蘆屋道満の末裔たちに、富士… このレビューの続きを見る

   豆腐好きが縁で結びついたコンビ、定職を持たない猿渡と小説家伯爵が遭遇する怪奇現象の数々を描いた短篇集。 独特のキャラとホラーな雰囲気? 読み始めは、なんか難しく感じたけど、「猫背の女」あたりから面白くなった。 想像すると怖い!めちゃくちゃ怖い気がするんだけど、どっかコミカルで面白かった。 「水牛群」でスパッと現実に戻される清々しさを感じた。

集英社文庫 / 2002年3月25日初版 / 533円 定職を持たない猿渡と小説家の伯爵は豆腐好きが縁で結びついたコンビ。 伯爵の取材に運転手として同行する先々でなぜか遭遇する、身の毛もよだつ怪奇現象。 飄… このレビューの続きを見る

定職を持たない猿渡と小説家の伯爵は豆腐好きが縁で結びついたコンビ。 伯爵の取材に運転手として同行する先々でなぜか遭遇する、身の毛もよだつ怪奇現象。飄々としたふたり旅は、小浜で蘆屋道満の末裔たちに、富… このレビューの続きを見る

恐ろしくもあり美しくもある物語。 時々、腸の裏側を鷲づかみにされたような不快感さもありました。 虫の話が本当に気持ち悪かった……。

関連する商品