好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

光
光で自分のブログにレビューを書く

おすすめ!3.4 [3.4](32件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:58728位
  • ユーズド価格:¥ 60
  • ISBN/ASIN:4087712729(集英社)
光のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(32件) 3.4 [3.4]

3.4

「光」三浦しをん

04:17:By scribble

天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、もう一人の生き残り・輔が姿を現わす。あの秘密の記憶から、今、… このレビューの続きを見る

光/三浦しをん

21:07:By bocchi no kobeya

なんとも冷たくあわわわわ

暴力で人は救えるか。 天災ですべてを失った中学生の信之は、共に生き残った幼なじみの美花を救うため、ある行動をとる。 二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、もう一人の生き残り・輔が姿を現す…。 … このレビューの続きを見る

23:41:By Wisteria note

女が書く、女の愛はホラーだと思う。そう思いながら、本を閉じたのです。 たぶん、この小説を読んで、そんな感想を抱いたのはわたしだけなんじゃないかと思う。着眼点がちょっとずれているのは、自覚もしているし… このレビューの続きを見る

3.4

「光」

23:41:By くだらないうた

三浦しをん 光 ぞっとするほど 冷たい本 けっこう分厚いのに 途中で読むのをやめられず あっという間に読んでしまいました 主人公を中心とする3人の物語で たとえるなら、東野圭吾「白夜行」と手塚治虫の「MW… このレビューの続きを見る

美浜島。 信之はそこで生まれ育った。 美しい自然、美しい海に囲まれたのどかな島。 普通の家族ともそれなりに仲良くやっていた。 幼なじみの島には似つかわしくないほどの美人、美花。 娯楽といえば、セック… このレビューの続きを見る

 最初は読みづらいかもと思っていたのですが、島に惨事がおきてからは展開も早くどんどん読み進められました。罪ってなんだろう、愛ってなんだろう、、、 などいろいろと考えさせられました。 本当にいつ自分のまわりでも悪いことが起きないとも限りませんからね・・・。

突如、美浜島を襲った暴力、津波。 島は一瞬にして飲み込まれ、日常の光を失ってしまう。 そして、幼馴染の美花を救うために行った信之の暴力。 20年後、過去を封印して生活していた信之の前に現れたのは、同じ生き… このレビューの続きを見る

★★★★☆ *あらすじ* 静かで人口も多くはない美しい島、美浜島が津波によって飲み込まれた。 家族も家も、全てを失った中学生の信之は、共に生き残った幼なじみの美花を救うため、ある行動を取ってしまう。 二十… このレビューの続きを見る

3.4

07:51:By kira* kira*

JUGEMテーマ:読書 

天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、もう一人の生き残り・輔が姿を現わす。あの秘密の記憶から、今、新… このレビューの続きを見る

3.4

タンポポ満開

15:41:By good-day.

 うーんと、いつの事だっけか。 最後の投稿を見たっけPCが直ったって書いてあったけど 一時の喜びだったわけで。 けっきょくビクとも動かなくなって修理行き。 全治1ヶ月だって。 ちょうど仕事も入っててPC… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書    はぁ〜、読み終わりました。  昨日の朝、『希望ヶ丘の人びと』を読み終わり、 いやぁ〜、良かった良かったと、清々しい朝を迎えたわけですが  今日は朝から重いです。 ま… このレビューの続きを見る

05:51:By Book & Movie memo

 ☆☆☆★いままでの作者の作風とはちょっと違う一冊。ふとドラマの「白夜行」(原作は未読)を思い出したりしました。引き込まれて一気に読みつつも、後少し濃厚さが足りなく、夫婦の心理描写も物足りないなあ、という気持ちです。ページも少ないし、もっとねっとりどっしり読ませてほしかったです。何事もなかったかのように日常に戻っていいく、薄ら寒いラストは好みですけども。

JUGEMテーマ:読書    はぁ〜、読み終わりました。  昨日の朝、『希望ヶ丘の人びと』を読み終わり、 いやぁ〜、良かった良かったと、清々しい朝を迎えたわけですが  今日は朝から重いです。 ま… このレビューの続きを見る

3.4

09:04:By 私の趣味は読書です。

JUGEMテーマ:読書 天災ですべてを失った中学生の信之。 共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。 二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、もう一人の生き残り・輔が姿を現わす。 あの秘密の記憶から、今、新たな黒い影が生まれようとしていた。。。

00:55:By たちばな

久しぶりにちゃんと、しかも夢中になって本を読みました。 この話は今の私が読まなかったらただ暗くて嫌だと思ってだろうけど、今はこの暗さというかどうしようもない感じがとても好ましいです。誰かに勧めようとは思わないけれど、楽しんで読むことができました。読んでこの気持ちになったことが娯楽です。こういう三浦しをんも嫌いじゃないと、初めて思いました。 一度、美花のように生きてみたいです。

<三浦しをんの底力を見せた作品であるが・・・> 小説すばる掲載分に加筆・訂正。 美浜島を襲った津波で生き残った子供3人。 中学生の信之、美花、小学生の輔。 何もかも失った3人はある秘密(罪ですね)… このレビューの続きを見る

3.4

22:35:By 〜k.k.k〜

天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、もう一人の生き残り・輔が姿を現わす。あの秘密の記憶から、今、新たな黒い影が生まれようとしていた―。

私:「もしもし?今大丈夫?」 アキ君:「うん。AV見てるけど大丈夫!」 私:「…私が大丈夫じゃないよ」 アキ君:「大丈夫だよ気にしないでよ。まだはじまったばっかでパンツも脱いでないし」 私:「気にするよ!… このレビューの続きを見る

3.4

21:48:By ぼちぼち

JUGEMテーマ:読書 暴力で人は救えるか。渾身の長編 生まれ育った島が天災に遭い、天涯孤独の身となった信之。しかも彼は愛する幼なじみを救うためにある罪を犯していた。島を離れて二十数年、心を閉ざして生きて… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 読書期間:2009/2/2〜2009/2/4 [集英社HPより] 暴力で人は救えるか。渾身の長編 生まれ育った島が天災に遭い、天涯孤独の身となった信之。しかも彼は愛する幼なじみを救うためにある罪を犯していた。島を離れて二十数年、心を閉ざして生きてきた信之を、過去の秘密が追ってくる。

「光」

20:03:By 少年は跳ぶ

先月は集中力が品切れで、ぜんぜん読書ができませんでした。が、ようやっとしをんさんの「光」が読み終わりました。 さらっとね、感想を書いておこうと思います。これぐだぐだ語ったら良くないよね。でもちょっと長… このレビューの続きを見る

       しずさんの御要望により、急遽予定を繰り上げて【今月の読了リスト】を発表します。 けれど、【レビュー機能】は一度に3つまでしか掲載できないみたい。 だから再読した本は載せてません(たまたま初読が3冊だった)。

今までの作品とはだいぶ雰囲気の違う新刊。作品のクオリティーは確実に上がっているように感じました。夫婦の心理描写など、いま少し踏み込みが足りないかなあ?と思いつつも、人物造型はかなりリアルで、頁を捲る手が止まらずに一気読み。弟分の輔の主人公への屈折した思慕とか、全てを知りつつ、何事も無かったかのように日常に戻る薄ら寒いラストとか、良かったです。

11:17:By おしえておじいさん

三浦しをん『光』読了。 美しい南の島を突然襲った大津波により、 中学時代に家族全員を亡くした主人公。 そしてその時、彼はある行動をとる。 壊滅した島を出、過去に蓋をして生きてきたが、 ある日その全てが白日… このレビューの続きを見る

3.4

光。

03:33:By POST☆SCRIPT

ついさっき、読了。 【あらすじ】 天災ですべてを失った中学生の信之。 共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼はある行動をとる。 二十年後、過去を封印して暮らす信之の前に、 もう一人の生き残り・輔が… このレビューの続きを見る

怖くて少しうなされました。重くて挫折しかけました。人間の陰の部分がうまく出ています。最後まで読めてよかった。

3.4

21:34:By 小春日和の本棚

JUGEMテーマ:読書 内容紹介 暴力はやってくるのではない。帰ってくるのだ。 理不尽をかいくぐり生きのびた魂に、安息は訪れるのか。 三浦しをん、渾身の最新長編。 天災ですべてを失った中学生の信之。共に生… このレビューの続きを見る

3.4

20:37:By 百忘

信之は知っている。罪などどこにもない。あるのは理不尽と暴力だけだ。 読んでる最中ずっと、怖くてたまらなかった。 登場人物(特に信之)の思考が理解できない、この人たちが恐ろしいと思うのに、全く彼らの気持… このレビューの続きを見る

3.4

22:43:By ほんのひとこと

東京から離れた小さな島を大津波が襲った。 信之と彼につきまとっていた輔、 そして逢引の約束をしていた美花は助かった。 また輔の父親と旅行に来ていた山中も沖に出ていたため生還した。 小学校に避難してい… このレビューの続きを見る

02:33:By One Or Eight

待ちに待っていた新刊です…!相変わらず背筋がゾクゾクする程文章が綺麗ですよね…今回は内容もゾワゾワしました。 内容紹介 天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花を救うため、彼は… このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品