>
[Amazon] 何もかも憂鬱な夜に

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

何もかも憂鬱な夜に
何もかも憂鬱な夜にで自分のブログにレビューを書く

何もかも憂鬱な夜に

3 [3](5件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:715884位
  • ユーズド価格:¥ 236
  • ISBN/ASIN:4087712877(集英社)
何もかも憂鬱な夜にのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(5件) 3 [3]

*あらすじ* 施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山… このレビューの続きを見る

なぜ控訴しない?―施設で育った過去を持つ「僕」は、刑務官として、夫婦を刺殺した二十歳の未決死刑囚・山井を担当していた。一週間後に迫った控訴期限を前にしても、山井はまだ語られていない何かを隠している―。芥… このレビューの続きを見る

ふっさふっさ

20:58:By F-note.

今日は仕事に行ったら1時間延長されていました。 構わないのですが土曜日は大丈夫かな〜 本日の1冊は中村文則さんの【何もかも憂鬱な夜に】です。 中村さんの本で1番好きなので紹介します。 死刑制度、私は反… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 なぜ控訴しない?―施設で育った過去を持つ「僕」は、刑務官として、夫婦を刺殺した二十歳の未決死刑囚・山井を担当していた。 一週間後に迫った控訴期限を前にしても、山井はまだ語られていない何かを隠している―。 芥川賞作家が、重大犯罪と死刑制度に真摯に向き合い、生きる者と死にゆく者をつなぐ最後の希望を描き出す。

JUGEMテーマ:読書 2作読んで、モソモソと興味が沸いた中村文則さん。 遡って春に発刊された単行本を読んでみましたが。 なるほど・・・。 この方の核となっているテーマとスタイルのようなものが見えてきた気… このレビューの続きを見る

関連する商品