>
[Amazon] 桐島、部活やめるってよ

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

桐島、部活やめるってよ
桐島、部活やめるってよで自分のブログにレビューを書く

桐島、部活やめるってよ

おすすめ!3.3 [3.3](28件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本
  • Amazonランキング:260755位
  • Amazon価格:¥ 827
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4087713350(集英社)
桐島、部活やめるってよのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(28件) 3.3 [3.3]

面白かった。 中学、高校生たちのリアルな日常、考え。 目に見えぬ空気に支配され、 無言のヒエラルキーに屈する。 だからといって彼らが同じような人間であるわけもなく、 それぞれの抱える悩みや問題があり、そうそうそれを口にすることもない。

バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が突然部活をやめた。 それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな、しかし確実な波紋が広がっていく。 野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール… このレビューの続きを見る

タイトルで気になってはいたけれど、あれよあれよと映画化し、映画化かーと気持ちが少し遠のいたところでBase Ball Bearの小出くんが映画を好きだと言っていたからまた気になりだして。と、気になる・気にならない… このレビューの続きを見る

う〜んんん。 高校生の青い感じが満載です。 リアルに存在する歌手や歌詞、映画、映画監督などなど そういうのに共感する年頃を描いたものだから こういうのが登場するのは分かるんだけど、ちょっと多用しすぎ… このレビューの続きを見る

桐島君は実際には出てきません。 章立ては以下の通りで、人名がその章の主人公の名前。 みんな高校生です。 菊池宏樹 小泉風助 沢島亜矢 前田涼也 宮部実果 菊池宏樹 高校生の話と言ったら、外せないのがヒエラル… このレビューの続きを見る

3.3

20:18:By 望月家

最近読んだ本など! この二つはすごく好きなジャンルでした! カバーとぱらぱら見たので決めて借りたのですが 予想以上に 好 み ド ス ト ラ イ ク でした・・・! 学園青春恋愛物美味しい

田舎の県立高校の野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部の5人を描いた青春小説。 読み始めは軽めかなって思ったけど、読み進むうちに甘酸っぱいような、キラキラした世界観に引き込まれた。 なかなか巧いな〜。 面白かった!! (9日読了)

バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般 ● 桐島、部活やめるってよ / 朝井リョウ   ● 集英社   ● 1260円   ● 評価 ☆☆☆ バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が突然部活をやめた。 それがきっかけで、田舎の県立高校に… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:書評  今さら読んだんかーい/(^o^)\って感じですが… ◎オビに「瑞々しさが爆発しそう」みたいなこと書いてあったけど確かにみずみずしかった。 平成の高校生を理解するなら必須の一冊、ていう… このレビューの続きを見る

内容(「BOOK」データベースより) バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、バレー部、ブラスバンド… このレビューの続きを見る

 早稲田大学の学生が現役中に書いた作品第22回小説すばる新人賞を本作で受賞高校生という多感な時期を上手に表現した作品桐島が部活をやめたことでわずかに広がる波紋が複数の登場人物に影響している様子が描かれておりそれでいて全体としてうまくまとめられている作品すごい。59作目

クリスマス前に、図書館で借りてた本の感想を書いてないので書きたいと思います。 その本というのは、、、朝井リョウの「桐島、部活やめるってよ」です。 ↓ ※ネタバレ有り ↓ タイトルに出… このレビューの続きを見る

「青春小説」という言葉がたいへん似合う小説でした。 作者1989年生まれだそうです。 最近の高校生は、休み時間にipodでチャットモンチーを聞くんですね。 ちなみに、桐島くん自身は、この小説には出てきません。 … このレビューの続きを見る

17歳。冬が近づく季節。何で今だったんだろう、てくらいのタイミング。作家さん自身の"若さ"故の不器用さや現実味。コトバや文章に巧さはあまり感じなかったけど、「高校生」をそれぞれの角度から的確に捉えていて… このレビューの続きを見る

 「桐島、部活やめるってよ」 バレー部のキャプテンが突然部活をやめたらしい。そんな噂を耳にして、関係がある奴にもあんまり関係がない子にも、さざ波のように広がっていく、17歳の高校生のこと。  この本… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書感想文 「2回目に読んだ時の方が沁みる」と言うのが率直な感想です。 最初に読んだ時は、特に始めの方は、比喩表現が多くてちょっと読みにくさを感じました。最近の若者言葉にも当然、慣れていな… このレビューの続きを見る

バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、 バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部… このレビューの続きを見る

一時期よく取り上げられていました。作者が若いからかな、と思っていたのですが、これ面白いわ。 「桐島が部活をやめるらしい」という事から、あたりまえの日常に起きてくる小さな波、みたいなものをうまく物語にしています。 桐島に直接関係する人しない人、それぞれの目線で語られていきます。 ただ、最後の菊池なんちゃらのところで、急に陳腐な展開になったのが、私は残念!そんな普通の物語にしないでよー。

 【あらすじ】 バレー部のキャプテン桐島が部活を辞めた。ほんの些細な出来事ではあったのだったが、それは何人かの学校生活に影響を与えた。あるバレー部員は桐島の代わりに試合に出れるようになったし、桐… このレビューの続きを見る

「17歳の一瞬のきらめきを描くオムニバス。バレー部の主将桐島が、突然部活をやめた。そのことで、同高校に通う5人の生活に小さな波紋が広がり…。至るところでリンクする17歳の物語。瑞々しい感性が光る第22回小説… このレビューの続きを見る

若い作家さんですね〜1989年生まれって、平成元年。娘と同じ年です。とてもいいと、評判が聞こえてきたので、期待していたのですが、それほどでもなかったな。バレー部のキャプテンで、とても存在感のある桐島… このレビューの続きを見る

“十七歳で、高校二年生。真っ白で、キャンパス。よく言われる。確かに俺達は若いしパワーもあるし真っ白だしキャンパスだけど、別に絵筆も持ってないし、描く気がないんだから意味がない。” 内容紹介、 バレー部の… このレビューの続きを見る

あらすじ: バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、… このレビューの続きを見る

☆☆☆★登場人物達のリアリティが凄い。特に、女の子の心情がよく書けていると思いました。大昔の事を色々と思い出して、「かつての高校生」だった自分も、自然に共感させられました。そういえば、自分の高校生活も部活しか無かったけれど、今思えばそれが良かった。良い思い出です。タイトルになっている「桐島」本人が一度も出てこないあたりも、上手い手だなあと、関心しました。

内容(「BOOK」データベースより) バレー部の「頼れるキャプテン」桐島が、突然部活をやめた。それがきっかけで、田舎の県立高校に通う5人の生活に、小さな波紋が広がっていく…。野球部、バレー部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部。部活をキーワードに、至るところでリンクする5人の物語。第22回小説すばる新人賞受賞作。

 バレー部のキャプテン・桐島が突然部活をやめた。バレー部だけではなく、野球部、ブラスバンド部、女子ソフトボール部、映画部にまで、その波紋は小さく広がっていき……。  それぞれの部活動を舞台にした、連作… このレビューの続きを見る

 桐島、部活やめるってよ  著者 : 朝井リョウ  受賞歴 : 第22回小説すばる新人賞 受賞

関連する商品