>
[Amazon] 窓の向こうのガーシュウィン

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

窓の向こうのガーシュウィン
窓の向こうのガーシュウィンで自分のブログにレビューを書く

窓の向こうのガーシュウィン

2.9 [2.9](9件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:単行本(ソフトカバー)
  • Amazonランキング:672810位
  • Amazon価格:¥ 23,126
  • ユーズド価格:¥ 255
  • ISBN/ASIN:4087714500(集英社)
窓の向こうのガーシュウィンのamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(9件) 2.9 [2.9]

『窓の向こうのガーシュウィン』宮下奈都宮下さんの小説に出てくる女子は音楽家の卵やうどん屋の娘や口紅売りの娘やふつうのOLやら主婦やらいろいろですが、性格がしゃんとしていてユニークで友達にしたい人ばかり… このレビューの続きを見る

初出 小説すばる。 主人公の19歳の佐古は未熟児として生まれるも保育器に入れられずに育ってしまいます。高校を出て就職するもその会社が倒産し、訪問ヘルパーとして働き始めます。 世の中は後出しじゃんけん… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:小説全般   評価 ☆☆ 静かで雰囲気のある小説。 「額装」というテーマもなかなかに渋い。 未熟で生まれたのに、保育器に入れてもらうことができず、 そのせいか成長しても自分はまわりよりも… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 あの人の額装からは、音楽が聞こえてきた―。 未熟児で生まれ、両親はばらばら。混線していた私の世界がゆっくり静かにほどけだす。はじまりは、訪問介護先での横江先生との出会い。 そして、あの人から頼まれた額装の手伝い…。 心をそっと包みこむ、はじまりの物語。

十九年間、黙ってきた。十九年間、どうでもよかった。「私にはちょうどいい出生だった」未熟児で生まれ、両親はばらばら。「あなたの目と耳を貸してほしいんだ」はじまりは、訪問介護先での横江先生との出会い。そ… このレビューの続きを見る

特許権侵害で互いを訴えていた米交流サイト(SNS)最大手フェイスブックと米インターネット検索大手ヤフーは6日、和解することで合意したと発表した。 両社は和解の一環として広告分野などで提携を強化する… このレビューの続きを見る

未熟児で生まれた一人っ子。 父はあるとき出て行ってから帰ってこないまま、 あまり家事をしない母と二人で生きている。 出生のせいか、少し他人とのコミュニケーションが取りづらいまま大人になった。 彼女… このレビューの続きを見る

JUGEMテーマ:読書 十九年間、黙ってきた。十九年間、どうでもよかった。 「私にはちょうどいい出生だった」未熟児で生まれ、両親はばらばら。 「あなたの目と耳を貸してほしいんだ」はじまりは、訪問介護先での横江先生との出会い。 そして、あの人から頼まれた額装の手伝い。 「ひとつひとつ揺り起こして、こじあけて、今まで見たこともなかった風景を見る」心をそっと包みこむ、はじまりの物語。

 著・宮下 奈都

関連する商品