>
[Amazon] ようこそ、わが家へ (小学館文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

ようこそ、わが家へ (小学館文庫)
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)で自分のブログにレビューを書く

ようこそ、わが家へ

おすすめ!3.5 [3.5](11件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:12559位
  • Amazon価格:¥ 751
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4094088431(小学館)
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(11件) 3.5 [3.5]

ドラマの途中ですが、原作読んじゃいました。 普段は、読むなら見終わってから読むのですが、 すでに原作を読んでいる旦那さんが、 「原作と違いすぎる〜」 と、毎度うるさいので気になって読んじゃいました。 確かに、主人公自体が違うのはすごい。 ドラマ、どう進んで行くのかなぁ。

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようにな る。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投… このレビューの続きを見る

*あらすじ* 真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕… このレビューの続きを見る

真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ… このレビューの続きを見る

文庫オリジナル長編。(ベースとなる物語は『文芸ポスト』に2005〜2007年に掲載) 刊行された時期がドラマ『半沢直樹』オンエアの直前だったのでセールス的にも伸びているお買い得感の高い作品である。 現実を突… このレビューの続きを見る

例の『倍返しだ』のあのドラマで一気に有名になった池井戸サン。 例のごとくドラマ、見てなかったから、詳しくは知らないんだけど。 なぜか文庫本で出てた。 これはまぁ、面白かったな。 池井戸さんならでは… このレビューの続きを見る

さすがの池井戸 潤作品『ようこそ、わが家へ』。グイグイと引き込んでいき、手に汗握らせる展開。今回の小説では、珍しくストーカー被害もストーリーの中心になっている(私が企業ものしか読んだことがなかったから… このレビューの続きを見る

手に汗握る

23:12:By One Fine Day

今やっているドラマで一番面白いのは、評判も視聴率もいい「半沢直樹」。堺雅人の「邪魔しないで頂きたい!」」と一喝する力強くて凛々しい一言は、その勢いの風が吹いてくるみたい。あの目つき、古美門研介の時に… このレビューの続きを見る

 JUGEMテーマ:オススメの本「半沢直樹」も「七つの会議」もいいっすなあ。もブックファーストで文庫ナンバーワンになっていたのでごくごく読みました。ヒガシしかり、堺雅人しかりな真面目な会社員が主人公で… このレビューの続きを見る

  【あらすじ】真面目なだけが取り柄の会社員である倉田太一。彼はある日、駅のホームで割り込みをしてきた男に注意をしたことがきっかけで後々嫌がらせを受けるようになった。どうやら、あの後、彼の後を尾行… このレビューの続きを見る

関連する商品