>
[Amazon] 雪国 (新潮文庫)

好きな商品のレビューを書けば、あなたのブログがつながる。

雪国 (新潮文庫)
雪国 (新潮文庫)で自分のブログにレビューを書く

雪国

おすすめ!3.4 [3.4](10件のJUGEMレビュー・感想)
  • 商品カテゴリー:文庫
  • Amazonランキング:5026位
  • Amazon価格:¥ 389
  • ユーズド価格:¥ 1
  • ISBN/ASIN:4101001014(新潮社)
雪国 (新潮文庫)のamazon.co.jp詳細ページへ

JUGEMユーザーのレビュー・感想(10件) 3.4 [3.4]

雪国 (新潮文庫 (か-1-1)) 川端康成著 新潮文庫 柄谷行人がその著書「日本近代文学の起源」で明らかにしていることですが、「文学」というものは実は輸入品です。 もちろ… このレビューの続きを見る

 頑なに無為徒食に生きて来た主人公島村は、半年ぶりに雪深い温泉町を訪ね、芸者になった駒子と再会し、「悲しいほど美しい声」の葉子と出会う。人の世の哀しさと美しさを描いて日本近代小説屈指の名作に数えられる、川端康成の代表作。 --

*雪国

10:45:By 本のなる木

何よりも美しい文章で紡がれる、瞬間的な恋。 『雪国』 川端康成 去年買って、挫折していたのをもう一度挑戦してみました。 したら、どんどん読めてびっくり! 去年は本当に序盤で挫折したのに…笑 内容… このレビューの続きを見る

恥ずかしながら読んだことがありませんでした。小学生の頃に「伊豆の踊り子」で挫折して自分に川端さんは難し過ぎると思ってたんだけどいーかげん大人だしって観念して読み始めたらもぅムチュー。子供が挫折して当… このレビューの続きを見る

3.4

雪国

22:39:By Shima-cogi on the Masuroom

フジロック会場は新潟の苗場ってことで、ふもとの湯沢町をテーマにした小説 「トンネルをぬけるとそこは雪国でした」 で有名な雪国を読んでみました。 雑音の中読んだのでよくわからなかったのですが、 … このレビューの続きを見る

雪国

11:58:By ☆まちゃ〜みんぐ☆

2005.10.12〜

雪国 / 川端康成

00:52:By irving

 評価:★★★☆ 3.5  「国境の長いトンネルを抜けると〜」の名文で有名な川端康成の代表的作品。  川端康成といえば、日本的な美の描写が有名だ、みたいなことをどこかで聞いた気がします。他に何も読んだこ… このレビューの続きを見る

oh〜the 名作。 面白かった。 時代が違うせいなのか著者の感性なのか分からないけど 書き方が面白い。 世界の表現も綺麗。 日本人たるもの読まなきゃいかんなあ としみじみばばくさいことを思った。

夏の100冊第3弾。 もはや読んだのは1ヶ月まえらしーんですが。 今回は全部読んでやろうと思ってるので、いつも配られてる紹介冊子に読み終わった日を書き込んでるのです。ちょっと達成感。うふふ。 国境の長い… このレビューの続きを見る

雪国

00:25:By モノ

すいません! 全然意味わかりませんでした。 いやぁ〜、きれいだなぁっとは思ったけど。 駒子と島村の会話が成り立ってなくて、意味わからない。 最後の伊藤整による解説にて、結末のつかない結末に納得。 … このレビューの続きを見る

ブクログユーザーのレビュー・感想

関連する商品

  • 眠れる美女

    眠れる美女

    JUGEMレビュー件数:11

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 山の音

    山の音

    JUGEMレビュー件数:1

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 古都

    古都

    JUGEMレビュー件数:5

    Amazon評価平均:評価平均40

  • 千羽鶴

    千羽鶴

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 舞姫

    舞姫

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 伊豆の踊子

    伊豆の踊子

    JUGEMレビュー件数:5

    Amazon評価平均:評価平均35

  • 金閣寺

    金閣寺

    JUGEMレビュー件数:22

    Amazon評価平均:評価平均35